高パフォーマンスで信頼できるWeb Proxyソリューション

2007年6月25日 at 10:03 PM





弊社のSun Fire T1000, T2000等は非常に優れたパフォーマンスを

発揮するサーバ製品として良く知られています。特にWeb Serverや

Application Server等に対する用途として非常にマッチする事も

知られています。



今回、Web ServerやApplication Server以外にProxy Server

(実はHTTPのハンドリング等の部分はWeb Serverのコードを使用)

でも非常に優れたパフォーマンスを発揮する点をレポートに

まとめた資料がリリースされましたので報告します。



この資料の中には、Proxy Serverのベンチマークテストで良く使用されている、

Web Polygraphでの結果も記載されていますので、参考になるかと思います。



是非、一度御確認いただければと思います。




Sun’s High-Performance and Reliable Web Proxy Solution






上記資料によると、PolygraphというProxy Serverのベンチマークツールを

使用し、Sun Fire T2000でProxy 1インスタンスあたり、8000 req/secまで

スケールしています。(その際のコンテンツサイズは13Kbです。)



ただし、Sun Fire T2000で8000 req/secが最大なのかというとそうではありません。

その際のCPU使用率は20〜30%しか使用しておらず、

Proxy Serverに対する要求を8000 req/secまでいくとNIC(1GB)の限界に達し

(Network Utilizationが100%)、それ以上を処理できないというのが本当の所です。



Sun Fire T2000にはデフォルトでGigabit Ethernetのポートが4つ付いていますので、

T2000を効率的に使用する為には、Solaris 10の仮想化技術(zone)を使用し

zone毎にProxyをインストールする事でSun Fire T2000上では8000req/sec以上の

処理ができるという事が言えます。





Polygraphによるベンチマーク結果







広告

Entry filed under: SJS Web Server 7.

ドキュメントの日本語化 Web Server 7.0 から Web Server 7.0 Update1へのアップデート方法


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2007年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

Twitter

  • RT @mreinhold: New release model in action: JEP 309 will not make JDK 10, so now proposed to target JDK 11: j.mp/2j93lME #jdk1015 hours ago
  • BSフジで、今TOSHIが昔のXのナンバーをXじゃない若い世代のバンドメンバーの演奏と共に歌っている。まじで懐かしい曲ばかり 2 days ago
  • 今日は所用がございまして、お先に失礼失礼大変申し訳ございませんでした。また、仙台に伺いますので、ぜひ今後ともどうぞよろしくお願いします。 twitter.com/ghustik/status… 4 days ago
  • RT @tokuhirom: Microsoft and GitHub team up to take Git virtual file system to macOS, Linux | Ars Technica #SmartNews https://t.co/D0PuHeE… 4 days ago
  • @nagise 誠に申し訳ございません!!2/3 (土)は、既に予定が入っておりました!!(T_T) 4 days ago

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,014,554 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。