Hudsonを使ったアジャイルな開発入門

2008年5月30日 at 1:30 AM







以前、Hudsonについて私のブログでもで紹介しましたが、

その後、Hudsonが今年のJava One 2008 サンフランシスコで

Duke Choice Award
受賞したことはご存知の方も多いことでしょう。



また、今日アクエリウム
でも報じられましたが、Hudsonの開発者である

川口さんついにHudsonを専業で開発できるようになったようですね。



Hudsonは開発の現場を変えることのできるツールです。

是非、皆様も試してみてくださあい。



そんな川口さんから、直接Hudsonについて日本語で説明されている記事が下記にあります。

是非、皆様下記の特集を読んでHudsonを使って開発効率をあげましょう!!



技術評論社 特集:「Hudsonを使ったアジャイルな開発入門」



川口さんの日本語ブログはこちら


広告

Entry filed under: Application Server/GlassFish. Tags: .

John Gage氏来日中 データセンターでインストールも楽なGlassFish Enterprise Server


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2008年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter

  • ありがとうございます😊 twitter.com/chomado/status… 1 hour ago
  • @kotomacontact そうですね、ここに限らずたまに、似た話を聞きますので、つい書いてしまいました。 ありがとうございます。私自身も勘違いがおきないような資料作りを今後も、心がけていきたいと思います。 3 hours ago
  • @kotomacontact と思ってます。 3 hours ago
  • @kotomacontact 人は間違いがありますし(私も含め)個人攻撃をしたいわけではないです。ただDBサービスという区切り方はないです。だってDBが落ちてしまうとそこに接続している全サービスは落ちますしサービス毎のスケールもできない。単にAPI化すれば良いというわけでもない 3 hours ago
  • RT @DaschnerS: IntelliJ 2017.3 EAP improves its #JavaEE8 support! twitter.com/intellijidea/s… 5 hours ago

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,004,766 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。