GlassFish v2.1 and SailFin 1.0 リリース

2009年1月25日 at 6:46 PM 4件のコメント




アクエリウム
でアナウンスされておりますが、

GlassFish v2.1とSailFinがリリースされました。



http://www.sun.com/software/products/appsrvr/

http://www.sun.com/sip



上記の製品は、今すぐダウンロードしてご使用いただけますが、

価格の詳細等を含むプレスリリースは2月に発表される予定です。



また、Grizzlyのメーリングリストで私も初めて知ったのですが、

SailFinではGrizzlyの実装が2つ含まれるようです。

HTTPのコンテナとしてはGrizzly 1.0.22が使用され、

SIP ServletコンテナとしてはGrizzly 1.8.6が使用されているようです。



PS.

GlassFish v3になると、(修正:Java NIO 2で実装されるため、

             修正理由は:本エントリのコメント欄をご参照 )

Java SE 6以上が必須となる予定です。(GlassFish v3はJava SE 5で使用できないようです。)


広告

Entry filed under: Application Server/GlassFish. Tags: , .

GlassFishとMySQLの連携について 今年もオープンソースカンファレンスで登壇します。

4件のコメント

  • 1. さくらば  |  2009年1月25日7:46 PM

    NIO 2 は Java SE 7 ですけど…

  • 2. Yoshio Terada  |  2009年1月25日9:31 PM

    さくらばさん、
    すいません。NIO 2の導入はJava SE 7からなのは
    理解していたのですが、完全に私の説明が間違えてました。
    現時点で正確に言えるポイントは下記の2点になります。
    ● Grizzly 2.0はNIO 2のライブラリを使用する
    ● Grizzly 2.0はJDK 6をサポートする (hence can use API)
    私が下記のように書いてしまった理由は、2番目のポイントに
    ありました。
    「GlassFish v3になると、Java NIO 2で実装されるため、Java SE 6以上が
     必須となる予定です。(GlassFish v3はJava SE 5で使用できないようです。)」
    2番目の部分は先日GrizzlyのMLでJDK 6をサポートするか否かの
    投票が行われたのですが、結果として承認されました。
    また、(hence can use API)に関連する内容で、今月初旬に
    GrizzlyのMLにnio-discuss@openjdk.java.netのメールが転送され、
    NIO 2のライブラリがJava SE 6にバックポートされる
    内容が含まれていました。(ご参照:文末に添付した抜粋)
    今月初旬に転送されたバックポートのメールと、先日の投票結果の
    (hence can use API)の意味より、Java SE 6にNIO 2がバックポート
    されることで、Grizzly 2.0をJava SE 6でサポートできるようになると
    私の方で勝手に推測し、前述したような内容を記述してしまいました。
    現時点で正確に言える事実は上記の2点になります。
    混乱を招く表現をしてしまい申し訳ありませんでした。
    また、ご指摘頂きまして本当にありがとうございました。
    JDK 6でNIO 2のサポートについての投稿
    http://mail.openjdk.java.net/pipermail/nio-discuss/2009-January/000150.html
    *********************************************************************************
    Subject: Re: NIO.2 on JDK6
    Date: Wed, 07 Jan 2009 11:35:55 -0800
    From: Martin Buchholz <martinrb@google.com>
    To: Tiago Cury <tiago.curyz@gmail.com>
    CC: nio-discuss@openjdk.java.net
    References: <40500690-4E16-4E7D-AE06-EA52B2766736@gmail.com>
    On Wed, Jan 7, 2009 at 11:14, Tiago Cury <tiago.curyz@gmail.com> wrote:
    Hi,
    > Any chance to run NIO.2 on JDK5/6 ?
    Not today, but I would like to work on a backport in the next few months.
    Martin
    *********************************************************************************
    Martinが一人だけしか反応していませんので、これが実際に
    Java SE 6にバックポートされるか否かまで確証がとれておりません。
    Result of VOTE:
    *********************************************************************************
    On 2009/01/23, at 0:01, Jeanfrancois Arcand wrote:
    OK, thanks to anybody that has voted. We have also discussed the topic during our weekly meeting and comes to the following conclusion:
    + Grizzly 1.x will stay forever with JDK 5 (no usage of JDK 6 API)
    + Grizzly 2.0 will requires JDK 6. The decision has been taken because:
    2.0 is a complete re-write of Grizzly, and backward compatibility will partially supported, at least for the framework (http API will stay there (Adapter/GrizzlyAdapter/GrizzlyWebServer), we have decided that we will also require a JDK upgrade.
    Let us know if you have strong opinion against this democratic vote 🙂
    A+
    — Jeanfrancois
    *********************************************************************************

  • 3. さくらば  |  2009年1月25日9:58 PM

    寺田さん、丁寧にお答えいただきありがとうございます。
    だいたいの経緯が分りました。
    個人的には NIO 2 がバックポートされた Java SE 6 がリリースされることはないと思います。6u10 でも新規の API は追加されなかったことから分るように、アップデートリリースでの API の追加はないと思います。
    しかし、NIO 2 を単独でパッケージングし、それを SE 6 上でも動作させるということはありそうですね。

  • 4. Yoshio Terada  |  2009年1月25日10:38 PM

    櫻庭さん、
    ご指摘感頂きまして、本当に感謝しております。
    自分で後から読んでも混乱を招く表現であった
    と思います。
    詳細に説明できて良かったです。
    確かに新たな追加をアップデートで入れるより
    単独パッケージの方が現実的ですね。
    ありがとうございました。


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2009年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,015,121 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。