Posts tagged ‘リストア’

GlassFish ドメイン管理サーバのバックアップとリストア

※ GlassFish のドメイン管理サーバのバックアップとリストアは
管理コンソールからは行えません.コマンドを使用してください.

ドメイン管理サーバが稼働するサーバが何らかの障害により起動できなくなった場合,ドメインの管理ができなくなります.ドメイン管理サーバが稼働していない状態でもサーバインスタンスを稼働させることはできますが,ドメイン管理サーバが壊れている状態ではアプリケーションの更新やリソースの設定変更等ができなくなります.このような場合、ドメイン管理サーバの設定をバックアップしておくことで,他のサーバをドメイン管理サーバの代替えとして利用することができます.バックアップはドメイン管理サーバ上で何らかの設定変更を行った際,その都度取得しておくことを推奨します.

バックアップを取得する前に,ドメイン管理サーバを停止してください.ドメイン管理サーバを停止しても提供しているサービスに影響は及びませんのでこの作業は本番稼働中に行っても問題ありません.

dashost > asadmin stop-domain clusterDomain
ドメイン clusterDomain が停止しました。


次にドメイン管理サーバのバックアップを行います.–domaindirには対象のドメインが含まれるディレクトリを指定します.

dashost > asadmin backup-domain –domaindir /export/home/appserv/domains clusterDomain
ドメインを正常にバックアップしました
説明: 1259776406949
バックアップファイル名: /export/home/appserv/domains/clusterDomain/backups/sjsas_backup_v00001.zip
バックアップを実行した日付と時刻: Thu Dec 03 02:53:26 JST 2009
ドメインディレクトリ: /export/home/appserv/domains
ドメインディレクトリ: /export/home/appserv/domains/clusterDomain
ドメイン名: clusterDomain
バックアップを実行したユーザーの名前: appserv


バックアップコマンドを実行すると,sjsas_backup_vXXXXX.zipと名付けられたバックアップファイルが作成されます.このファイルをドメイン管理サーバのバックアップ用のサーバにFTP等を利用してコピーしておきます.ここではドメイン管理サーバのバックアップ用のサーバとしてnodeagent1を使用します.本番環境ではノードエージェントとは別のマシン上に構築することを推奨します.

nodeagent1 > asadmin restore-domain –filename ./sjsas_backup_v00001.zip clusterDomain
ドメイン clusterDomain の /export/home/appserv/domains/clusterDomain への復元に成功しました
説明: 1259776406949
バックアップファイル名: /export/home/appserv/domains/clusterDomain/backups/sjsas_backup_v00001.zip
バックアップを実行した日付と時刻: Thu Dec 03 02:53:26 JST 2009
ドメインディレクトリ: /export/home/appserv/domains
ドメインディレクトリ: /export/home/appserv/domains/clusterDomain
ドメイン名: clusterDomain
バックアップを実行したユーザーの名前: appser


展開したファイル中よりドメイン管理サーバ名が記載されている箇所を手動で編集します.domains/clusterDomain/config /domain.xml中より修正する必要のある該当箇所を表示し,dashostからnodeagent1に変更します.

nodeagent1 > grep dashost domain.xml
<property name="client-hostname" value="dashost“/>
<jms-host admin-password="admin" admin-user-name="admin" host="dashost” name=”default_JMS_host” port=”5076″/>
<property name="client-hostname" value="dashost“/>
<jms-host admin-password="admin" admin-user-name="admin" host="dashost” name=”default_JMS_host” port=”${JMS_PROVIDER_PORT}”/>
<property name="client-hostname" value="dashost“/>
<jms-host admin-password="admin" admin-user-name="admin" host="dashost” name=”default_JMS_host” port=”${JMS_PROVIDER_PORT}”/>


新しい環境上で再度環境変数を設定した後,ドメインを起動します.

nodeagent1 > setenv AS_ADMIN_HOST nodeagent1.japan.sun.com
nodeagent1 > env |grep AS
AS_ADMIN_USER=clusterAdmin
AS_ADMIN_PASSWORDFILE=/export/home/appserv/.passwordfile
AS_ADMIN_HOST=nodeagent1.japan.sun.com
AS_ADMIN_PORT=5048
nodeagent1 > asadmin start-domain clusterDomain
ドメイン clusterDomain を起動しています。お待ちください。
デフォルトのログの場所は /export/home/appserv/domains/clusterDomain/logs/server.log です。
出力を /export/home/appserv/domains/clusterDomain/logs/server.log にリダイレクトしています
ドメイン clusterDomain が起動しました。
ドメイン [clusterDomain] はその設定で [Sun GlassFish Enterprise Server v2.1.1 ((v2.1 Patch06)(9.1_02 Patch12)) (build b31g-fcs)] を実行しています。ログは [/export/home/appserv/domains] にあります。
管理コンソールは [http://localhost:5048] で使用できます。
“asadmin” コマンドにも同じポート [5048] を使用します。
ユーザーの Web アプリケーションは次の URL で使用できます:
[http://localhost:5080 https://localhost:5081 ]。
次の web-contexts を使用できます:
[/web1 /__wstx-services ]。
標準の JMX クライアント (JConsole など) はドメイン管理のために JMXServiceURL:
[service:jmx:rmi:///jndi/rmi://nodeagent1.japan.sun.com:5086/jmxrmi]
に接続できます。
ドメインは少なくとも次のポートで接続を待機しています:
[5080 5081 5048 5037 5038 5039 5086 ]。
ドメインはアプリケーションサーバークラスタおよびその他のスタンドアロンインスタンスをサポートします。


上記で,ドメインのリストアは完了です.仮にドメイン管理サーバにアクセスするためにSSLを有効にしている場合にドメイン管理サーバのホスト名が変わる場合,サーバ証明書の更新も必要です.デフォルトでインストールされている自己署名サーバ証明書は変更前のドメイン管理サーバ名が記載されていますので更新の必要があります.
最後に,念のためノードエージェントが保持するドメイン管理サーバへの参照情報が更新されているか確認してください.全てのノードエージェントはagentディレクトリ中にconfigディレクトリが存在しています.このディレクトリ配下にdas.propertiesファイルが存在しており,ドメイン管理サーバへ接続するための接続情報などが記載されています.そこでファイルの内容を確認しdashostからnodeagent1に変更されていることを確認してください.仮に変更されていない場合は手動で変更してください.

nodeagent1 > pwd
/export/home/appserv/nodeagents/nodeagent1/agent/config
nodeagent1 > grep das.host das.properties
agent.das.host=nodeagent1
nodeagent2 > pwd
/export/home/appserv/nodeagents/nodeagent2/agent/config
nodeagent2 > grep das.host das.properties
agent.das.host=nodeagent1

2010年2月5日 at 4:35 PM


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 945,584 hits

Feeds