Archive for 10月, 2007

GlassFish マルチリンガル版メディア情報

さて、先日リリースされたマルチリンガル版ですが、

各種メディアでもGlassFish/Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版の

リリースに関する情報が掲載されていますので紹介します。



 ● Web BCN : 「サン、オープンソースのアプリケーションサーバーの無償提供を開始」

 ● キーマンズネット :
「サン、アプリケーションサーバのマルチリンガル版を無償提供」


 ● ITmediaエンタープライズ :
「サン、アプリケーションサーバのマルチリンガル版を発表」


 ● マイコミジャーナル :
「”Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版”が無償提供開始」


 ● ITpro データベース/ミドルウエア 日経コンピュータ : 「サン、Java EE 5対応のAPサーバーを無償提供」

 ● Enterprise Watch :
「サン、OSSベースアプリケーションサーバーのマルチリンガル版」


 ● ZDNet Japan
: 「サン、「JavaEE 5」の環境を多言語化」


 ● Open Tech Press : 「サン、アプリケーションサーバ「Sun Java System Application Server 9.1マルチリンガル版」を提供開始」

 ● gihyo.jp : 「Java Expert+gihyo.jp Presents Sun Microsystems, Inc.スペシャルインタビュー集 エンタープライズJavaの鍵を握る GlassFish最新動向」



PS.

あるイベントで、御客様からHP-UXでGlassFishの導入を検討したい旨

質問を受けたのですが、その際是非御検討くださいと回答したのですが、

実は、HP-UX版はリリースされておりません。

大変申し訳ありませんでした。



GlassFish/Sun Java System Application Server 9.1の動作環境は下記となります。

 ● Solaris 10 および9オペレーティング・システム(SPARC)

 ● Solaris 10 および9オペレーティング・システム(x64/x86)

 ● Microsoft Windows XP®、2003、2000 Advanced Server、Vista(Business Edition)

 ● Red Hat Enterprise Linux 3および4



上記は、Sun Java System Appliaction Server 9.1のライセンスを

御購入頂くとSun からの正式サポートを受ける事が可能になります。

無償で御使用頂く場合には、GlassFishコミュニティでのサポートとなります。



ちなみに、Mac OS用にはGlassFishで提供されており、Sun Java System Application Server

としては提供されておりません。そして、GlassFishを使用する場合コミュニティからの

サポートを受ける事ができます。



最後に、次期アップデートリリースではAIX版もリリースされる予定ですので、

AIXでの導入を御検討の方は今暫く御待ち頂ければと思います。

広告

2007年10月30日 at 7:45 PM

SJS Application Server9.1日本語版リリース

ついに、待ちに待ったGlassFish v2 , Sun Java System Application Server 9.1の

日本語版が正式にリリースされたようです。

是非、この新しくなったGlassFish & SJS Application Server 9.1を試してください。





http://jp.sun.com/products/software/javasystem/applicationserver/appsrvr9_1.html

http://sdc.sun.co.jp/java/javaee/downloads/index.html

https://glassfish.dev.java.net/ja



PS.

来週開催されるSun TechDaysでGlassFishのブースを担当する事になりました。

ここ最近その準備で追われているのですが、ちょっと楽しいデモもできました。



是非、GlassFishのブースにも御越し下さい。

そして生のGlassFishも是非見てみてください!!


2007年10月29日 at 7:40 PM

Sun Java System Web Proxy Server 4.0.6 リリース

先日、Sun Java System Web Proxy Server 4.0.6がリリースされました。



SJS Web Proxy Server 4.0.6ダウンロード



本バージョンより、SunのHardware Crypto Acceleratorである、Crypto Accelerator 6000が

正式サポートされるようになっています。



Enhanced Hardware Accelerator Encryption Support

Proxy Server 4.0.6 provides hardware accelerator support for SunTM Crypto Accelerator 6000,

a cryptographic accelerator board that enhances the performance of SSL on the Proxy Server.



Sun Crypto Acceleratorの御紹介



Sun Crypto Accelerator 6000 PCI-E アダプタは、Sun Crypto Accelerator 1000/4000 同様 SSLやIPsecで

使用される暗号アルゴリズムと、FIPS 140-2 level 3を含むセキュリティ機能とGigabit Ethernetインタフェースの

ネットワーク機能を統合した、Low profile、ハーフレングスの8レーン PCI-Express対応のアダプタです。

Sun Crypto Accelerator 6000 PCI-E アダプタは、 エンタープライズレベルのセキュリティ機能と

パフォーマンス同時に、エントリー価格にて実現可能です。



ここで、

「FIPS 140-2 Level 3」とはFIPS(米連邦情報処理規格)が規定する最も高いレベルのセキュリティ規格を意味し、

FIPS(米連邦情報処理規格)により、暗号セキュリティソリューションに求められるセキュリティ要件を規定し、

NIST(米国立標準技術研究所)がその認定を行っています。

「FIPS 140-2」をベースとした暗号モジュールは、今後日本政府の調達基準としての検討されています。




平成16 年度不正アクセス行為等対策業務

(情報セキュリティ水準向上に向けた電子署名・認証基盤の現状に関する調査研究)

電子署名法の在り方と電子文書長期保管に関する現状調査報告書




(以下 引用)

*******************************************************************************

1) 漏洩、盗難

認証局の私有鍵が、管理不十分や故意などの理由により漏洩した場合、第三者によって立

ち上げられた偽の認証局が出現する恐れがある。この場合の被害は甚大で、もはや認証局と

の信頼関係は成立しない。

漏洩は検知することが困難なため、漏洩しないための予防策が重要となる。私有鍵の漏洩

を防止するためには、私有鍵を厳格に管理し、バックアップも同様に厳格に管理しなければ

ならない。鍵の管理に、耐タンパー性のある専用の暗号装置、例えば、FIPS140(詳細後述)レ

ベル3 以上の認定を受けたHSM(Hardware Security Module)を使うことなどが考えられる。

また、複数人の権限者が揃わなければ実行できないような仕組みを取り入れることも、お互

いの牽制が働くため、内部の者の不正行為に対して有効である。

*******************************************************************************


2007年10月4日 at 9:40 PM

Sun Tech Days(11/06-11/08)の受付開始

どうやら、Sun Tech Days 2007の参加申込みの

受付開始が開始したようですね!!



Sun Tech Days 2007





NetBeans Day では下記のセッション

NetBeans Welcome

New & Cool

Using NetBeans for your Existing Projects

Technologies for Creating Web 2.0 Rich Internet Applications

Ruby on Rails in the Enterprise

Beans Binding & the Swing Application Framework

Tools for Simplifying SOA



Java 関連では下記のセッション

Java EE 6 and GlassFish

Java SE 6 Top 10 features, Java SE 7 and OpenJDK

Next Generation Web and JavaServer Faces

Consumer JRE: Java on Every Desktop OR Java Performance Myths

Project Metro and REST: Web Services Everywhere

Java ME: Extreme GUI Makeover for Mobile Phones

SOA using OpenESB and JCAP

Java Scripting: JavaFX Script and JRuby



が予定されています。

どうぞ奮って、御応募ください。



ちなみに、Java EE 6 and GlassFishのセッションでは、

US Sunより、川口さんが帰国されて発表される予定です。

その他にも多くのセッションが予定されてますので、

是非御楽しみにして頂ければと思います。



Project Shoalの話も聞けるかな?


2007年10月1日 at 11:53 PM


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2007年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 997,674 hits

Feeds