Archive for 5月, 2010

さよなら Sun



先ほど、日本Sunの会社概要を確認したのですが、日本 Sun が設立されたのは、1986年3月5日なんですね。私がまだ中学生の頃だったようです。そして今日を持って日本 Sun の活動は終了し、明日、日本 Sun と 日本 Oracle との統合が完了します。

私が初めて Sun 製品に接したのは大学時代に研究室においてあった、SS 5/20 あたりだったと思います。また、ある日友人が「よっしー、すごいのがあるので見てくれ」と言われ見たのが、HotJava Browser 上で踊る Duke でした。


(当時のロゴ)

当時 Perl で CGI のプログラム書きに没頭していた私は、すげー画面が音を出しながら動いているといって驚いたのをとても良く覚えています。そして Java についてもっと知りたい、学びたいと思うようになりマスターへの進学を考えたのもこの頃でした。その後、マスターの研究で Java のテスト技術について研究を行い、前職でもJava に関するプロジェクトに多く携わってきました。

こうして Sun という会社に憧れを持った私は、いつか Sun で Java に関わる仕事をするんだと考えていたのですが、そのチャンスがめぐって来たのが 2001年8月 でした、それから約9年この会社で色々な経験をさせてもらいましたが、今の状況になったとしても、Sun の入社は間違っていなかったと思っています。もちろん、会社が統合される事は残念ですが、Sun で出会った数多くの優秀な仲間との出会いは私に取ってかけがえのない財産で、私の一生の宝になると信じています。また社外でも、多くの技術者からここまで愛された会社も少ないのではないかと思います、このような会社で働けた事を心から誇りに思っています。

ありがとう Sun 。

2010年5月31日 at 6:15 PM 5件のコメント

「GlassFish v3 で実感!! エンタープライズ Java の進化」資料公開


Java Hot Topic セミナーのプレゼン資料とデモを公開します。

今回の発表のポイントは、Java EE 6 になり開発が如何に楽になったか、アプリケーションサーバのインストールも起動も如何にかんたんで高速になったのかという点に集中して説明を致しました。原稿は合計 120ページ程ありますが、全てを発表したわけではなく、抜粋して説明しました。特に JPA 2.0 については日本でまだあまり資料がないので参考にして頂けるのではないかと思います。


「GlassFish v3 で実感!! エンタープライズ Java の進化」プレゼン資料 (PDFの入手)

Java EE 6 のかんたん開発デモビデオの入手

GlassFish v3 のかんたんインストールデモビデオの入手

2010年5月30日 at 8:33 PM

Java Hot Topic セミナー終了


昨日(5/29)、Java ホットトピックセミナーを開催しました。



今回は土曜日の開催にも関わらず多くの皆様にご参加頂きまして
誠にありがとうございました。またアナウンスをしてたった1日で定員に達してしまったため、参加できなかった方には大変申し訳ございませんでした。

このイベントは 5/17 に(大渕さん、片貝さん、私の3人)企画を始めたのですが、企画当初は本当に開催ができるのか全く予断を許さない状況でした。当初 5/31(月) に開催しようとしていたのですが、会場の確保ができず、それ以外の日程も検討したのですが、各人のスケジュールがあわず駄目で一時は開催断念まで考えていました。しかし思い切って土曜日にしよう、それなら開催できるという事が判明し週末になりました。週末開催のため、どの位の方に参加して頂けるか不安な部分もありましたが、申し込み開始当初の登録状況を確認し不安は払拭致しました。開催まで1週間を切った中での緊急開催の告知となり申し訳ございませんでした。またこのような状況の中ご登録・ご参加頂いた Sun/Java ファンの皆様、本当にありがとうございました。

最後に、日々状況が変わる中で特に櫻庭さんには大変ご迷惑をお掛けしました。とてもお忙しい中、発表に関して快諾して頂いた他、開催実現に向け最初から最後までとても手厚いサポートを頂きました。本当にありがとうございました。
また、他のエバンジェリスト(町田さん、戸島さん、相澤さん、畠中さん)の皆様にも会場の準備から受付等お手伝い頂き本当にありがとうございました。今回開催できたのはサポート頂いた全ての方々のサポートのおかげで実現できました。Sun の Java エバンジェリストグループの一員として活動ができ本当に良かったです。ありがとうございました。

PS.
1週間で Sun のノベルティを色々な所からかき集めて来たのですが皆様ちゃんとグッズゲットできました?あれだけあれば1人1つは入手できたのではないかと思うのですが。
(狭い場所で提供する事になり申し訳ありませんでした。)

懇親会にも多くの皆様にご参加頂きました!!ありがとうございました。


(画像を押下すると拡大できます。)

2010年5月30日 at 8:07 PM 1件のコメント

Java Hot Topic セミナー緊急開催決定


今日は Java の勉強会開催に関する緊急告知をいたします。

本セミナーの受付は大変好評につき締め切りました。
ご登録頂いた皆様、誠にありがとうございました。

キャンセル待ちの手順:


件名を「ホットトピックセミナー キャンセル待ち」として本文に
「お名前」「ご所属」をご記入の上、以下までご連絡ください。
Mail: hottopics-seminar-japan@sun.com
※ キャンセル待ちの受付については確認メールはお送りしません。
※ 空きが出ましたら、個別にメールをお送りします。キャンセル状況
のお問い合わせには対応できませんのでご注意ください。


来る 2010 年 5 月 29 日 (今週土曜日) に Java の Hot Topic セミナーを緊急開催する事にしました。今回の Java Hot Topic セミナーはご参加頂いた皆様に、もれなく何らかの Sun ノベルティグッズをプレゼントする予定です。
(例:GlassFish Tシャツ、Java リング、Duke マウス、Sun ノート、Sun 時計等先ほどまで色々と大量に見つけ出してきましたので、かならず何かお渡しできると思います。)
今週末の開催という事で直前のご案内となり誠に申しわけございませんが、どうぞスケジュールをご調整の上ご参加頂ければ幸いです。

発表内容の詳細は後ほど決まり次第ご連絡いたします。


開催概要■ 3時間で学ぶ Java Hot Topic 2010
■ 日程2010 年 5 月 29 日 (土)
13:00 開場、13:30 セミナー開始、16:30 頃終了予定
発表内容
1. クロージャあらため、Project Lambda
Java in the Box 主筆
櫻庭 祐一 氏
2.Scala 入門 (仮)
町田 修一 氏
3.GlassFish v3 で実感!!エンタープライズ Java の進化
GlassFish エバンジェリスト
寺田 佳央
4. NetBeans 最新情報
Java エバンジェリスト
片貝 正紀
■ 会場サン・マイクロシステムズ株式会社 用賀本社27階セミナールーム田園都市線用賀駅改札を出てすぐ右側がSBS ビルの入り口です。ビルと駅は地下でつながっています。エレベーターにて27階まで直接お越しください。
■ 費用無料(事前登録制)

■ 主催
サン・マイクロシステムズ株式会社
■ お申込み 
件名を「ホットトピックセミナー参加」として本文に「お名前」「ご所属」をご記入の上、以下までお申し込み下さい。Mail: hottopics-seminar-japan@sun.com


今回はできるだけ多くの方に参加していただきたいと考えておりますが、会場規模の都合上、定員になり次第締め切らせていただきます。
一度申し込みをした後仮に、スケジュールの都合上どうしても参加ができなくなった場合、他の方を繰り上げ当選にしたいと考えておりますので、大変恐れ入りますが欠席される際は上記アドレスまで欠席のご連絡を頂けないでしょうか。

最後に余談ではありますが、私にとって「 Sun 」のエンジニアとして最後の発表になるかと思います(会社を辞めるわけではありませんが)。Sun の Java エバンジェリストとして活動して来た数年間を思い出すと色々感慨深いものがありますが、今回は Sun/Java/GlassFish を応援してくださった皆様へ感謝とお礼を込めて開催したいと考えております。

ちなみに、日本では Oracle と正式統合が完了していない為、私の口から今後の Oracle 製品と既存 Sun 製品に関する話題については申し上げる事ができませんので、どうぞご了承ください。

2010年5月24日 at 3:41 PM


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 922,847 hits

Feeds