Archive for 3月, 2008

週末の散歩



藤井さんも、用賀の砧公園に行かれたようですが、

私は奥様と一緒にたまプラーザを散歩してきました。



たまプラーザの桜も満開でいつもより人も

多かったように思います。



日曜日は、雨が降ってしまったので、自宅で

HERO (vol. 8まで)のDVDを静かに見ていました。















そういえば、先週末はX JAPANの3日間ライブもあったようですね!!

今日の朝、TVでライブの模様を見たのですが、X JAPANは今も健在ですね!!



私も、高校時代はかなりX JAPANにはまっていて(私はYOSHIKIファン)

当時、家でXの曲をガンガンに聴いていると、いつも姉や両親にうるさーい!!と

怒鳴られていたものでした。(^_^;)



実は、今でも集中して仕事をしたい時は、X JAPANの曲を聴きながらやると

アドレナリンが大量に放出されて仕事がとても捗ったりもします。(^_^;)



X JAPANの復活は私自身も心待ちにしていたので、とれも嬉しい復活劇でした。

ただ、コンサートには行きたいけど、もう年齢的に行けないかな。(^_^;)

次のCDが出たら必ず買います!!(これからはX JAPANの隠れファンになるぞ!!)


2008年3月31日 at 12:00 AM

GlassFishとMySQL

Translate to English by
Google Translator




今日は、アクアリウムで嬉しい発表がありました!!



ご存知の通り、SunとMySQLは今年はじめに統合を発表し、

すでに統合も完了しているのですが、その成果が早くも現れてきました。



なんと、アプリケーションサーバとMySQL Community Serverの統合バージョンが

ついにリリースされました。







SJS AppServer 9.1ur1+MySQLのダウンロード先



上記は現状で英語版のみの提供ですが、こうしてMySQLとの統合結果が早くも

現実になった事は嬉しい限りです。



そういえば、他のブロガーの皆様も発表しているようですが、MySQLの

イベントが開催される予定です。



米国 Sun Microsystems, Inc. と MySQL の合弁完了にともない、日本で

両社がひとつとなって、ビジネスを開始するに当たり、初めての外部向け

セミナーを、下記の要領にて開催いたします。



「春のMySQL祭り2008 – Jumping to the Sun !」



開催概要:

日時:2008年04月09日 13:30開場

会場:ウエスティンホテル東京

〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)



費用:無料(事前登録制)

主催:MySQL株式会社、サン・マイクロシステムズ株式会社



お申し込み・詳細はこちらをご覧下さい。



http://jp.sun.com/mysql





是非、御興味あるかたは無料セミナーなのでどしどし御参加下さい!!





PS.

今日は、御仕事で新宿に行ってまいりました。

新宿の都庁前にも桜が咲いていたのですが、もうすっかり満開でした!!

明日は、雨らしいので週末に向けて散らない事を祈る限りです。










2008年3月27日 at 8:40 AM

桜な季節

English translation by Google Translator


ずいぶんと温かくなって来ましたね。



Solaris エバンジェリストの大曽根さんのブログにも
ありますが、用賀にある砧公園の桜も

随分と咲いてきているようですね。

近々、僕も行って撮ってこよ!!



所で最近、下記の本を買いました!!







この本は自分が持っているリコーのデジカメ(GR DIGITAL II)について、かなりあつく

プロのカメラマンの方が語っているのですが、前にも書きましたように私はカメラの

知識はまだまだありません。

ですので、プロのカメラマンにそこまで言わせるカメラを自分が持っていて使いこなせて

いないのはかなり恐縮してしまいます。(^_^;)

すいません、色んな本読んでもっとカメラ道を勉強します!!



なんだか良さそうなカメラだなとでたばかりの頃に、衝動買いをしたわけですが、

まだまだ使いこなせてなく、今は日々、岡崎大先生に聞きながら勉強を
している状況です。



今日はそんなデジカメで起きた出来事と、それに対するメーカさんの対応について報告致します。



先日から、とある理由で少し調子が悪くなっていた私のデジカメ、岡崎大先生からも

寺田さん、それ早く修理した方が良いですよ!!とアドバイスをもらっていました。

自分も何とかしなければと思っていたのですが、ついに修理に出す事にしました。



リコーさんは、銀座に即日修理ができる店舗を構えているのですが、

私はそちらに直接持っていき修理してもらいました。

持って行く前は、保証期間内でも修理代が取られるのではないかと思っていたのですが、

結局無料で修理して頂く事ができました。また受付の担当者の方にもとても丁寧に対応していただきました。



リコーの保守対応はブログ等でみる限り良さそうだと思っていたのですが、実際にこのような丁寧な対応を

迅速にしてもらうと、とても良い印象を受けます。



一方、昨年のJavaOne期間中に壊れたデジカメについては、メーカ名は出しませんが、

日本に戻ってきて修理に出したのですが、そこは決してよい対応ではありませんでした。

さらには、修理しましたと言って製品が帰ってきたのですが、すぐにまた壊れてしまいました。

(<-物理故障ではなくファームウェアのバグでハング)

多分、もう二度とあのメーカの製品は購入しないですね。



同じ物が壊れるという事象に対して、対応する人によって180度変わる印象。

とても大切な事だと顧客の視点から改めて感じたのと同時に、メーカにいる人間として

見習うべき所があるなぁと感じた出来事でした。



私も過去に、Solaris等のOSに関連したサポートの業務を行っていたのですが、

その頃の私は、余裕もなく日々の仕事に追われているだけでした。

ですので、決して良い対応ができていたとは思いません。むしろ逆だったかな?(^_^;)

とても反省しています。



そう思うと、サポートをする人って自分がいっぱいいっぱいになっては駄目なのかな?

心にゆとりがなければならないのかななんて思います。



みなさん、ちまたでは3Kとも言われるIT業界にいて、今心にゆとりを持って仕事をされていますか?

ゆとりがなくなっているのであれば、ちょっと休憩して桜でも見にいきましょっか?

   #強引に桜ネタにもどした?(^_^;)



日本の会社は期末時期で大変とは思いますが、桜でも見て気をなごませてくださいね!!



下の写真は以前行った河津の桜です。






2008年3月26日 at 5:55 AM 1件のコメント

アプリケーションサーバの有償トレーニング開催

Translate to English by Google Translator



今回は他部門のトレーニングの御紹介です。

Sun では教育部門によるアプリケーションサーバの有償のトレーニングも開催しています。




Sun Java System Application Server SE/EE 8.1 2005Q2: Administration and Deployment

(JP-IAS-4444)




私は上記のコースを受講した事はありませんが、コース内容を見る限り、

かなり内容の濃いトレーニングのようです。



コース内容



  1. Application Server SE/EE 8.xの概要紹介

  2. 管理アーキテクチャ

  3.   (DASやノードエージェント、中央レポジトリ、JMXによる管理等)
  4. Appliaction Server SE/EE 8.xのインストール

  5. 設定と管理

  6. 配備

  7. HTTPロードバランサ(負荷分散)

  8. HADBの基礎

  9. HTTPセッションの永続性

  10. RMI/IIOP の負荷分散とフェールオーバ

  11.   リッチクライアント(ACC)からの負荷分散

  12. EJBコンテナの高可用性

  13. JMSのクラスタ(SJS MQ3.6 クラスタ)

  14. アップグレードとマイグレーション

  15.    他のアプリケーションサーバからのマイグレーション方法

       アプリケーションの動作が可能か確認するツール(AVK)の紹介
  16. アプリケーションサーバのパフォーマンスチューニング

  17. トラブルシューティング






今回紹介するトレーニングは、最新のGlassFish/Sun Java System Application Server 9.1ur1についての

トレーニングではありませんが、8.1と9.1は管理の概念(ドメイン、インスタンス等)も

同じで、(内部の実装は全く異なりますが)また、ロードバランサの設定や

HADBについては殆ど同じ内容になりますので、8.1を御使用されている方以外に、

9.1でこれから御使用される方にも十分に参考にして頂ける内容になっていると思います。



日程も、4/22-4/25までの4日間のコースでまるごとアプリケーションサーバの

トレーニングですので、普段私が1時間かそこらで話をする内容とは密度も異なり、

実機を使って実際に操作をしながら学ぶ事ができますので、本番環境で運用される方は

とても有用な情報を得られると思います。



  #値段は4日間コースで288,000円 (税込:302,400円)

  #本番環境での運用を本格的に検討されている方は

  #是非、受講されてみては如何でしょうか。



先ほど、教育の知り合いに電話で空席がどの程度あるのか

直接聞いてみたのですがまだ席は若干数残っているようでした。



教育で記載されているスケジュールによると次回開催は9/16まで

無いようですので、今回はかなりレアなトレーニングだと思います。



  #仮に定員がいっぱいになってしまって、今回入れなかった方が

  #どうしても早期の開催を希望される場合は、別途

  #エデュケーション・サービス TEL:03-5717-4300 までお問い合わせください。



PS.

今回、何故このエントリを書いたかというと、アプリケーションサーバのトレーニングって

本当に回数が少ないんですよね。

毎回、定期的に開催しているようなトレーニングであればわざわざ私が告知する必要もないのですが、

本当に回数が少ないので紹介しました。

  #たまたま今日トレーニングのサイトを覗いて見つけました。



私の記憶が確かならば、ついこの間までApplication Server 7.1のトレーニングを

開催していたので、Application Server 8.1のトレーニングはまだ初めて回数も少ないはずですし

この後も何回、開催されるかわからないので、是非このチャンスに御興味のある方は

参加してみてください。(対象は運用管理者の方の方が良いと思います。)



PS 2.

というか、僕も教育の方がどのようなトレーニングを開催しているのか

わからないので、一度本気で聞いてみたいのですが。。。。。。




2008年3月25日 at 8:10 AM 1件のコメント

プロジェクトHudson日本語コミュニティ開始?

Translate to English by Google Translator



開発者の皆様、Hudsonってご存知ですか?



Hudsonは継続的インテグレーション(Continuous Integration)のツールです。
「継続的インテグレーションって何?」と初めて聞く方もいらっしゃるかと思いますので、少しだけかんたんに

説明をすると、今まで中規模から大規模の開発を行う際に、Ant,Mavenといったビルドツール、CVS,Subversionと

いったバージョン管理ツールそれぞれを独立して使用してきたと思います。このHudsonを使用するとこういった

ビルドツールとバージョン管理ツールの連携等がかんたんに実現できるようになります。

たとえば、ある開発者の方がソースコードをコミットしたとします。するとコードが

コミットされた直後に自動的にビルドを実行して実行結果をメールで飛ばすなんて事ができるようになります。

それ以外に、テストツールとの連携や、インスペクションツールとの連携もできるようになります。

また、ビルドした結果をテスト用のサーバに自動的にデプロイしてくれるようになったりします。



小規模な開発環境では少ない人数でコード管理、ビルド管理等を行うのでなんとかなるかもしれません。

実際、このようなCIのツールがでてくるまでは、中規模から大規模な環境でもそうされてきたでしょう。

しかし、今後このようなCIツールを利用する事により、中規模から大規模なシステム開発においては、

非常に重宝するツールです。実際に、GlassFishやJBossの開発においてこのHudsonは使われています。

開発者の皆様、是非御使いください。



Hudsonの開発者の中には、US Sunの川口さんの他、
最近、今井さんという方もコミッタとして

参加されているようです。



こういった日本人のコミッタがいるおかげ?!か、既にマルチリンガル版に対応しており、

起動をすると下記のように日本語の管理画面が表示されます。











また、最近になって日本語でやりとりができるメーリングリストも作成されているようで、

ja@hudson.dev.java.netのアドレスから参加できるようです。



それ以外にも、feed://feeds.feedburner.com/HudsonBlogs-jaで日本人ブロガーによる情報が提供されています。



是非、日本の開発者の方もHudsonを使ってください。



Hudosonについての過去投稿された記事等



● 川口さん

● cactusmanさん

● 高井さんより

  WEB+DB Vol 41(2007) Java カウボーイプログラマの実験室 第3回

● 岡崎さんのHudson NetBeansプラグインの紹介

● InforQ: HudsonとFindBugsを用いた継続的インテグレーションとコードインスペクション

2008年3月24日 at 8:50 PM

相関図ジェネレータ

Translate to English by Google
ちょっと、古いネタですがコネタを!!



http://genzu.net/sokan/



やっぱり、GlassFishとNetBeansは肉体関係なんですね。(^_^)






2008年3月19日 at 8:32 AM

I will use the Google translator since today.

Since today I will attach the technical information which is translated to English by Google on my blog entry.

At the top of my blog Entry, I will attach the “English translate” link .

If you push the link , the request will send to Google translator .



Thus , foreigner also may be able to read my entry .



Please refer to following link ?



My Top Page.



Web Server related tech info



App Server(glassfish) related tech info





Note:

My attachment screen image was got on Japanese locale environment.

So It is not equal to the English screen .



Yoshio.


2008年3月19日 at 8:05 AM

過去の投稿


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2008年3月
« 2月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 955,229 hits

Feeds