Archive for 9月, 2009

Cloud Computing Developer Day 2009 終了



先日は、多くの皆様に下記のイベントにお越し頂き誠にありがとうございました。




Cloud Computing Developer Day 2009

〜クラウド時代に求められる新たな技術標準とは?〜




発表では、Sun Fire Tシリーズのご紹介と、Java コンカレンシー

ユーティリティについて紹介させて頂きました。

Java コンカレンシーについては Java SE 5 から利用可能になっている

という事で、既にご利用頂いている方も多くいらっしゃるかと思い、

どの位のお客様に興味を持って頂けるか発表前は不安しておりましたが、

発表後に数名のお客様からご質問等を頂き、興味を持って頂けたのではないかと

安心致しました。



発表後、お客様からの発表資料が欲しいというご要望を頂きました。

恐らく、イベントサイトにも後日同じ資料がアップされるかと思いますが、

許可を得たので、本ブログでも先日の発表資料とデモ動画を公開致します。



デモ動画については、発表中でも説明いたしましたが、本来であれば、

同じ計算量をそれぞれでどの位の時間で終了するかについて示したかったのですが、

シングルスレッドとコンカレントであまりにも差がつきすぎ、時間的な

制限もあったため、約20秒間でそれぞれどの位の処理を行えるかについて

デモで実施致しました。



コンカレンシーユーティリティを使うと CPU を有効活用できるようになります。

資源を無駄使いせず是非有効利用してください。



発表資料はこちら






PS.

カメラを持って行ってたのですが撮る余裕がなく、

イベントの写真を載せることができません。すいませんでした。



追記:(2009/10/01)

本ブログ投稿のコメントに櫻庭さんから P27 に対してコメントを頂きました。



Java SE 7 で導入される、Fork-Join のメカニズムについて

資料中で下記のように説明しております。



> 大量の計算が必要な場合、処理を分割し、分割された中で個別に

> 計算し最後に結果を集計するような場合に有効(再帰計算等)



この Fork-Join の使用用途の説明に対して下記のようにあるべきだと

ご指摘を頂きました。



> タスクの粒度だと思います。タスクが大きい場合は今までのExecutor、

小さい場合 fork-joinという使い分けになると思います



確かに、使用用途としては上記であるべきだと思います。

私の説明ではマージソートの例が先にありきで説明しているので、

一般的な説明ではありませんでした。



Brian Goetz は過去の Java One で下記のように報告しております。

P17, P18 において性能に関する考慮点として下記のように説明しています。



● これ以上分割せずに逐次処理する閾値をどの位にするか

● 性能上のトレードオフ

  >タスクを小さくすれば並列度は上がります。

    負荷分散が最適に施され、スループットが向上します

  >タスクを大きくすればタスク管理のオーバヘッドが減少します

    タスクの作成、キューへの追加、キューからの取り出し、

    タスクの実行、完了を待つ操作をタスク毎に実行する必要がある

● Fork-Join タスクフレームワークは計算中心の処理でタスク辺りのオーバヘッドを

 最小化するように設計されています。

  >タスク管理のオーバヘッドが小さければ、逐次処理の閾値をより小さくできます。

  >従来の Executor フレームワークは CPU 処理と I/O 処理が混在するタスクに向いています。

●  Fork-Join は並列アルゴリズムの表現に幅広く使用できます。

  >実行時のトポロジーに依存しないコードを書くことができます。

  >それほど、CPU数に左右されず妥当な性能を出すことができます。

  >並列度はライブラリが管理します。

   ー通常は同期処理を記述する必要はありません。

  >Fork-Joinプールにスレッド数を設定する必要があります。

   ーRuntime.availableProcessors()が通常は最適な方法です


広告

2009年9月29日 at 8:26 PM 2件のコメント

Java Werehouse ベータリリース



今年の JavaOne で

Apple の AppStore と同じように Java/Java FX アプリケーションを

Java Store と呼ばれる、サイトで販売提供できる仕組みが

発表されましたが、先日開発者向けのポータル/レポジトリが

公開されました。



http://java.sun.com/warehouse



まだ、ベータ版という位置づけのようですが Java の開発者の

皆様はいち早くその機能を試すことができるようです。



是非、日本の Java デベロッパーの皆様もお試しください。


2009年9月22日 at 10:54 PM

Cloud Computing Developer Day 2009 開催予定








今日はイベント紹介です。

イベント自身は以前から発表されていたのですが、

情報が遅れて大変すいません。



今月末に、赤坂で「Cloud Computing Developer Day 2009」が開催されます。

このイベントは、サンとオラクルが特別協賛していますが、

買収発表後はじめて、一緒の活動という事でとても楽しみに

しております。

(うわさで聞いた所、すでに定員の半分位の申し込みがあるようです。

 登録がまだの方は是非ご登録ください。)



このイベントの中で、私も Java Evangelist チームの一員として一つコマを頂いてます。

Java コンカレンシーユーティリティの API を使って SPARC Enterprise Tシリーズの

CPU マルチスレッドを完全に使い切るデモ等を紹介したいと思います。

Ruby,Python,PHP 等他の言語も対等してきている世の中ですが、Java も

まだまだ健在です。是非 Java の持つパワーをご実感ください。






タイトル:Cloud Computing Developer Day 2009

〜クラウド時代に求められる新たな技術標準とは?〜

日時 2009年9月29日(火) 13:30〜18:00 (受付 13:00〜)

会場 グランドプリンスホテル赤坂


2009年9月14日 at 9:20 PM

Sun Web Server Book



本日、Amazon より Sun Web Server の本が届きました。








内容をさらっと見た感じでは、さすが Web Server の実際の

開発者達が書いた本だけあって、かなり詳しく書かれています。

位置づけとしては機能紹介が中心に記載されておりますので

Step by Step の設定手順等を期待されていた管理者には裏切る

内容かもしれません。

(インストールや各種設定の紹介はあります。)



内部的な動作等や各種機能について詳細に記載されていますので、

Sun の Web Server で何ができるのか?またどのような処理が

行われているのか理解したい方にはお薦めです。



例えば、アクセプタースレッドや、ワーカスレッドの説明など、

Web Server のチューニングを行うためには必要な概念も

図入りで紹介されてます。

また、その他、設定ファイルの内容や、Web Server がどのように

クライアントからの要求に対して処理を行っていくかの処理フロー

等も記載されています。

この処理フローを理解する事で、アクセスコントロール、 URL Rewrite 、

コンテンツリダイレクト等がどのようなタイミングで行われるか

どのようにして設定を行うか等が理解できるようになるかと思います。



Sun の Web Server を今まであつかった事のある方から、はじめての方まで

是非一度ご覧頂ければと思います。



余談:

マルチリンガル版の説明の所では、私がブログに貼って

いた下記の日本語の管理画面等も使われてました。

(聞いてなかった。(^_^;))






2009年9月6日 at 8:06 PM


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2009年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 997,674 hits

Feeds