Archive for 2月, 2009

GlassFish でかんたん Comet (Reverse Ajax, Ajax Puxh)アプリケーション



以前、Cometのアプリケーションを POJO で作成できるフレームワークである

Atmosphere のプロジェクトについて紹介しましたが、このプロジェクトも

ずいぶんプロジェクトが進行したようです。



タイトルでは、GlassFish と書きましたが、このプロジェクトの成果物は

Tomcat, Jetty 等他の Servlet コンテナ上でも動作します。



この、Atomosphere のPOJO フレームワークである Grizzlet のサンプルが

下記で公開されましたので、Comet のアプリケーションにご興味のある方は

是非、一度御確認いただければと思います。




Grizzlet Flickr サンプルアプリケーション


ソースコードサンプル


広告

2009年2月26日 at 8:22 PM 2件のコメント

Java EE 6のパブリックレビューが承認



Java EE 6の承認がおりたみたいですね。



JavaOne 2009まで残り4ヶ月ですが、

JavaOne 2009の目玉になりそうですね。




JSR #316 JavaTM Platform, Enterprise Edition 6 (Java EE 6) Specification

Public Review Ballot




PS.

時期的に、残り4ヶ月で GlassFish v3(Java EE 6のRI) が

完成するかどうかは微妙ですが、是非開発者の皆様

頑張ってほしいです。


2009年2月25日 at 8:46 PM

GlassFish Webiner について



先週開催した GlassFish Portfolio の Webiner が終わった後に、

GlassFish の父である Eduardo さんとメールのやりとりをした

のですが、是非次回も違う内容で行ってほしい要望を出していた所、

承諾してくださったようです。

(アクエリウムで知りました(^_^;))




Eduardoさんのコメント(原文)



Eduardoさんのコメント(日本語訳)




今回のWebinerはたまたま録音に失敗してしまったのですが、

発表内容が後からストリーミングで見れるのはやはり便利ですよね。

今回は、本当にすいません。



事前登録は、SDC から約 80 名程でしたので業務の都合上参加できなかった方が

数多くいらっしゃるのではないかと思います。

また実際に私の元にも、時間の都合で見れなかった、録音に失敗し後から

聞けなくて残念等のご意見等も頂戴したので、そのような方達のためにも、

また次回開催できることを嬉しく思います。



次回の開催内容も日程もまだ全く未定ですが、

是非、次回の開催も楽しみにしてください。


2009年2月22日 at 11:21 PM

GlassFish PortfolioとESBとv3のプレゼン資料公開



先週、開催したセミナーの資料を下記に公開いたしました。



ご参加頂いた皆様、お忙しい中誠にありがとうございました。

また、アンケートやブログ等でご意見等を頂きありがとうございました。





● 
MySQLセミナー:

  投資対効果を最大限に発揮する
GlassFish Enterprise Server


  (本資料はGlassFish Portfolioの内容も含まれています)



● 
オープンソースカンファレンス2009:

  進化し続けるオープンソースアプリケーションサーバ:GlassFish


2009年2月22日 at 6:58 PM

SunのSOAエンジニアもブログを始めました



Sunのプロフェッショナルサービスで、SunのSOA関連製品を

担当している草地さんもブログを
始められたようです。

最初のエントリはGlassFish ESBのインストール方法

ご紹介をしてくださっています。



非常に優秀なエンジニアですので今後の彼の技術的な情報に

関するブログアップを期待しています。


2009年2月18日 at 6:36 AM

GlassFish Portfolioの日本語プレゼン資料について



今日は朝早くからGlassFish のウェビナーにご参加頂いた皆様

本当にありがとうございました。

本日使用したプレゼンは下記で公開されておりますので、

今日ご都合により参加頂けなかった方は下記をご参照ください。




GlassFish Portfolio始動 ! Sparkyが成長しました




また、川口さんにプレゼンしていただいた内容を動画で見たい方は

下記のURLをご確認ください。過去の英語プレゼンも含めて全て

保存されておりますので、いつでも聴講が可能になっています。



USTREAM: GlassFish Portfolioプレゼン(動画)



PS.

先ほど、GlassFishの父 Eduardo-sanからメールが届きました、

今日発表していただいた内容の録画に失敗していたようです。

すいません、次回はちゃんと録画いたします。

また、今日発表された一部の内容は明日のセミナーで発表する予定です。




MySQL+ソリューションセミナー

〜 アプリケーションサーバ GlassFish と MySQL 〜



2009年2月17日 at 9:22 PM 2件のコメント

GlassFish Performance Advisor



GlassFish のライセンスをご購入いただいたお客様がつかうことの

できる GlassFish Performance Advisor ですが、結構便利です。



例えば、物理メモリが全体の何%になった時点で(しきい値を設定)、

メモリ不足の警告を、ログに吐き出す、もしくはメールで送信し

管理者に伝えることができるようになります。



物理メモリの警告以外にも、


● メモリリークの警告:ガベージコレクション (GC) 実行後のメモリー

  使用量の割合に関する傾向分析によって行われます

● CPU 使用量の警告:CPU 使用量の割合に関する傾向分析で、ユーザーが

  定義したしきい値を超える増加が示されると、警告が送信されます

● スループットに関する警告:仮想マシン (VM) の稼働時間 (時間平均

  による GC 経過時間) のパーセンテージが、ユーザーが定義した

  しきい値を超えると、警告が送信されます。

● GC 停止時間の警告:前回のガベージコレクション (GC) 停止時間が、

  ユーザー定義の最大 GC 停止時間に対してユーザーが定義した

  パーセンテージを超えると、警告が送信されます。

● ログエントリに対する警告:ユーザーが指定したロガーに対して、

  ユーザーが指定したログレベル以上でログファイルに新しいエントリが

  作成されると、警告が送信されます。



などの設定ができます。



これにより、アプリケーションサーバで稼働するアプリケーションの

状態が不安定になったことをいち早く管理者に通知し、管理者は

その時の状況を別のツール(GlassFish パフォーマンスモニタ)で

すばやく確認することができるようになります。



確認するだけでなく、GlassFish パフォーマンスモニタは、その時の

スレッドダンプや Heap ダンプも取得できるのでこれらのツールを

組み合わせれば状態が不安定になった時の管理がしやすくなります。



GlassFish パフォーマンスアドバイザ





GlassFish パフォーマンスモニタ





GlassFish パフォーマンスモニタ




2009年2月13日 at 12:18 AM

過去の投稿


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2009年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 997,571 hits

Feeds