HADB環境の構築手順

2007年9月10日 at 6:13 AM

さて、今日はSJS Applicatin Server 9.1 with HADBを使用して

実際にHADBの構成を組んでみたいと思います。


HADBの構成を組む前に事前にOS側で準備して置かなければならない事が

3点あります。



HADB構成前の準備:


● OSのカーネルパラメータの編集

● IPMPの構成

● NTPによる時間同期




● 準備1:OSのカーネルパラメータの編集


1点目は、OSのカーネルパラメータの編集です。

HADBの設定を行う前に、必ずOSのカーネルパラメータで、

共有メモリとセマフォの値を設定して下さい。


同一システム上でHADB以外のアプリケーションが

共有メモリやセマフォを使用している場合、HADBに必要な値を加算して

共有メモリやセマフォの設定を行って下さい。



共有メモリは、Solaris上では/etc/systemファイルにshminfo_shmmaxを

編集して設定を行います。

shminfo_shmmaxは、該当のホスト上で、共有メモリセグメントの

最大サイズを指定しますが、実際にはこの値はHADBをインストールする

ホストの物理メモリの合計サイズを16進数表記で指定します。

ただし、2GB以上の値は指定しないで下さい。



例えば、下記のように1GBの物理メモリを保持するシステムの場合、

16進数表記では、0x40000000を指定します。




appserver1 > prtconf|grep Memory

Memory size: 1024 Megabytes




/etc/system (共有メモリセグメントの最大サイズ)


set shmsys:shminfo_shmmax=0x40000000



※ Solaris 9以降shmsys:shminfo_shmseg は使用されなくなりました。

 今回はSolaris 10にインストールする為、shmsys:shminfo_shmseg は

 指定しません。Solaris 8以前のシステムにHADBを導入する場合は、

 下記のように1プロセス辺りのセグメント数を指定して下さい。

 set shmsys:shminfo_shmseg=36



次に、セマフォ識別子数の最大値をseminfo_semmniで指定します。

全てのHADBノードでは必ず一つのセマフォ識別子を必要とします。

1台の物理的なマシン上に6つのHADBノードを構築可能ですが、

6つのHADBノードを構築する場合でも下記の値で問題ありません。



/etc/system (セマフォ識別子数の最大値)


set semsys:seminfo_semmni=10




次に、システム上でのセマフォの最大数をseminfo_semmnsで指定します。

全てのHADBノードでそれぞれ8つのセマフォを必要とします。

6つのHADBノードを構築する場合でも下記の値で問題ありません。



/etc/system (セマフォの最大数)


set semsys:seminfo_semmns=60




最後に、システム上でセマフォの取り消し機能を使用する最大数を

seminfo_semmnuで指定します。

1つの接続(NumberOfSessionsで接続数を指定、デフォルト100)に対して

1つの取り消し機能が必要です。

6つのHADBノードを構築する場合で下記の値で問題ありません。



/etc/system (セマフォの取り消し機能を使用する最大値)


set semsys:seminfo_semmnu=600




上記を設定した後、OSのリブートを行ってください。



* リブートを行う前に、手動でノードエージェントの停止・ドメインの停止を

  行ってください。

  ノードエージェントの停止・ドメインの停止を行わないでリブートした場合、

  MQのプロセスでロックファイルが削除されずに残ってしまう場合があります。



● 準備2:IPMPの構成


次に、2点目はHADBを導入するシステム上でIPMP(IPマルチパッシング)構成

を組んでいる場合(推奨)、IPMPのネットワークインタフェースの障害検出

時間の設定値(FAILURE_DETECTION_TIME)を変更する必要があります。

下記のように値を1,000ミリ秒に設定して下さい。



/etc/default/mpathd


FAILURE_DETECTION_TIME=1000






● 準備3:NTPによる時刻同期


Solaris 10の管理ガイド「第 3 章 システムの時刻関連サービス」を

参照し、HADBのノード間の時刻を同期して下さい。


上記で、準備が完了です。


SJS Application Server 9.1のドメインが起動していない場合、

Application Server 9.1のドメインとノードエージェントをそれぞれ起動して下さい。




appserver1 > ./asadmin start-node-agent –user=admin appserver01

Please enter the admin password> [********]

Please enter the master password [Enter to accept the default]:> [********]

Redirecting output to /sun/SUNWappserver91/nodeagents/appserver01/agent/logs/server.log

Redirecting application output to /sun/SUNWappserver91/nodeagents/appserver01/agent/logs/server.log

Command start-node-agent executed successfully.

appserver1 >





appserver2 > ./asadmin start-node-agent –user=admin appserver02

Please enter the admin password> [********]

Please enter the master password [Enter to accept the default]:> [********]

Redirecting output to /sun/SUNWappserver91/nodeagents/appserver02/agent/logs/server.log

Command start-node-agent executed successfully.








それでは、実際にHADBを使用するように設定を行いましょう。

HADBの設定


1. HADBの管理エージェントの起動


HADBの管理エージェント(Management Agent)を起動して下さい。



appserver1側のHADB管理エージェントの起動


appserver1 > cd /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/bin

appserver1 > ls

clusql hadbm ma ma-initd ma.cfg

appserver1 > /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/bin/ma-initd start

Management Agent version 4.4.3.6 [V4-4-3-6 2007-06-21 17:59:42 pakker@astra07] (SunOS_5.9_sparc) starting

Logging to /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/log/ma.log

2007-09-10 12:54:14.081 INFO Management Agent version 4.4.3.6 [V4-4-3-6 2007-06-21 17:59:42 pakker@astra07] (SunOS_5.9_sparc) starting

2007-09-10 12:54:14.102 INFO Using property: ma.server.type=jmxmp

2007-09-10 12:54:14.106 INFO Using property: ma.server.mainternal.interfaces=

2007-09-10 12:54:14.108 INFO Using property: ma.server.dbhistorypath=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/history

2007-09-10 12:54:14.112 INFO Using property: ma.server.dbconfigpath=/sun/SUNWappserver91/config/hadb

2007-09-10 12:54:14.114 INFO Using property: console.loglevel=INFO

2007-09-10 12:54:14.116 INFO Using property: logfile.name=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/log/ma.log

2007-09-10 12:54:14.117 INFO Using property: ma.server.jmxmp.port=1862

2007-09-10 12:54:14.119 INFO Using property: logfile.loglevel=INFO

2007-09-10 12:54:14.121 INFO Using property: ma.server.dbdevicepath=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device

2007-09-10 12:54:14.123 INFO Using property: repository.dr.path=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/rep

2007-09-10 12:54:15.157 INFO Listening for client connections on port 1862





appserver2側のHADB管理エージェントの起動


appserver2 > /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/bin/ma-initd start

Management Agent version 4.4.3.6 [V4-4-3-6 2007-06-21 17:59:42 pakker@astra07] (SunOS_5.9_sparc) starting

Logging to /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/log/ma.log

2007-09-10 12:49:39.194 INFO Management Agent version 4.4.3.6 [V4-4-3-6 2007-06-21 17:59:42 pakker@astra07] (SunOS_5.9_sparc) starting

2007-09-10 12:49:39.214 INFO Using property: ma.server.type=jmxmp

2007-09-10 12:49:39.218 INFO Using property: ma.server.mainternal.interfaces=

2007-09-10 12:49:39.221 INFO Using property: ma.server.dbhistorypath=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/history

2007-09-10 12:49:39.225 INFO Using property: ma.server.dbconfigpath=/sun/SUNWappserver91/config/hadb

2007-09-10 12:49:39.227 INFO Using property: console.loglevel=INFO

2007-09-10 12:49:39.228 INFO Using property: logfile.name=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/log/ma.log

2007-09-10 12:49:39.230 INFO Using property: ma.server.jmxmp.port=1862

2007-09-10 12:49:39.232 INFO Using property: logfile.loglevel=INFO

2007-09-10 12:49:39.233 INFO Using property: ma.server.dbdevicepath=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device

2007-09-10 12:49:39.235 INFO Using property: repository.dr.path=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/rep

2007-09-10 12:49:40.158 INFO Listening for client connections on port 1862





※ 仮に論理IPを使用して通信をさせたい場合は、管理エージェントの

  設定ファイルを編集し、下記の1行を追加した後、

  ma-initd startを実行して下さい。





appserver1 > cd /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/bin

appserver1 > vi ma.cfg

ma.server.mainternal.interfaces=192.168.0.1 //<–追加





2.アプリケーションに対する設定



HADBの管理エージェントが起動したので、まずはデプロイ済みのアプリケーションに対して

可用性を有効にする設定を行います。

Application Server 9.1の管理コンソールより、「Enterprise Application」→「clusterjsp」と展開して下さい。







ここで、デプロイ済みのアプリケーション「clusterjsp」に対して、

「Availability:[ ] Enabled」の項目にチェックを付け、

「Save」ボタンを押下して下さい。すると下記の画面が表示されます。







3.既存クラスタに対する設定



既存のクラスタ(app-cluster1)をHigh Availabilityにするために下記のコマンドを実行して下さい。

下記のコマンドはクラスタに対する設定の他、データベースのテーブルを作成する処理等も行います。

そこで、データベース中に作成するデバイスサイズ(devicesize)の大きさに

応じてコマンドの終了までに要する時間は異なります。

下記のコマンドでは既存のクラスタ「app-cluster1」に対してHADBのノードとして

「appserver01, appserver02」のホストを指定しHADBを2ノード作成しています。




appserver1 > asadmin configure-ha-cluster –devicesize 1024 –hosts appserver01,appserver02 –user admin app-cluster1

2007-09-10 16:42:09.576 INFO hadbm create –quiet=true –no-cleanup=false –datadevices=1 –portbase=15200 –spares=0 –devicesize=1024 –adminpasswordfile=/sun/SUNWappserver91/domains/domain1/config/adminpassword –dbpasswordfile=/sun/SUNWappserver91/domains/domain1/config/dbpassword –hosts=192.168.0.1,192.168.0.2 –agent=192.168.0.1,192.168.0.2:1862 –set=LogBufferSize=48 –no-clear=false –version=false –yes=false –force=false –echo=false app-cluster1

2007-09-10 16:42:10.985 INFO Creating new domain -54e808d5_114ee5e4be0_-8000

2007-09-10 16:42:11.010 INFO Repository REP:-54e808d5_114ee5e4be0_-8000: Multicast address=228.8.8.8, Port=1862, Bind address=192.168.0.1, Path=/sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/rep

2007-09-10 16:43:00.538 INFO Ready to accept client requests

2007-09-10 16:43:21.378 INFO Initializing device /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device/app-cluster1.noman.0 for node app-cluster1:0

2007-09-10 16:43:21.382 INFO Initializing device /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device/app-cluster1.data-0.0 for node app-cluster1:0

2007-09-10 16:43:21.383 INFO Initializing device /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device/app-cluster1.nilog.0 for node app-cluster1:0

2007-09-10 16:43:21.385 INFO Initializing device /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device/app-cluster1.relalg.0 for node app-cluster1:0

2007-09-10 16:44:02.694 INFO Starting node app-cluster1:0 at level firststart, config version 1, in order to start database

2007-09-10 16:44:03.082 INFO n:0 NSUP INF 2007-09-10 16:44:03.069 p:921 Legal realtime priorities are 0 (lowest) to 59 (highest) set it to:29

Command configure-ha-cluster executed successfully.



上記以外で指定可能なコマンドオプションについては、下記のオンラインヘルプを

御参照ください。


appserver1> asadmin configure-ha-cluster –help | less

Administration Commands configure-ha-cluster(1)

NAME

configure-ha-cluster – configures an existing cluster to be

highly available

SYNOPSIS

configure-ha-cluster

[–terse={true|false}][ –echo={true|false} ]

[ –interactive={true|false} ] [ –host host]

[–port port] [–secure| -s ] [ –user admin_user]

[–passwordfile filename] [–help]

[ –devicesize devicesize] [–haagentport port_number]

[–haadminpassword password]

[–haadminpasswordfile file_name]

–hosts hadb-host-list [–autohadb={true|false}]

[ –portbase port_number]

[–property (name=value)[:name-value]*]

{clusterName}



上記コマンドが完了した後、システム上にはhadbに関連する

下記の8プロセスが自動的に起動されます。




appserver1 > ps -ef | grep hadb

root 794 1 0 16:36:00 ? 0:00 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/bin/ma –umask=077 /sun/SUNWappserver91/hadb/

root 807 805 0 16:39:31 ? 0:17 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_sql_srv -d 0x00000000

root 805 799 1 16:39:27 ? 2:36 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_nsup_srv -c /sun/SUNWappserver

root 808 805 0 16:39:31 ? 0:17 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_sqlshm_srv -d 0x00000000

root 809 805 0 16:39:31 ? 0:15 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_relalg_srv -d 0x00000000 -Drel

root 806 805 1 16:39:31 ? 2:42 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_trans_srv -d 0x00000000 -m /su

root 810 805 1 16:39:31 ? 1:48 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_noman_srv -d 0x00000000 -Dnoma

root 1030 807 0 18:55:06 ? 0:04 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/lib/server/clu_sql_srv -d 0x00000000 -Dsql_th



仮にプロセス数が少ない場合は、HADBが正常に起動できていない可能性があるため、

HADBの管理エージェントのログを御確認頂き、エラーが出力されていないか確認してください。



HADB 管理エージェントのログ


appserver1 > cat /sun/SUNWappserver91/hadb/4/log/ma.log


4.動作確認


それでは、HADBの構成が完了しましたので、動作確認をしてみましょう。

ブラウザでWeb Server経由(192.168.0.3)でデプロイしたアプリケーション

(clusterjsp)にアクセスして見ましょう。


ブラウザで接続すると下記のような画面が表示されます。

ここで、「Name of Session Attribute」、「Value of Session Attribute」の

欄にそれぞれ、適当な文字列を入力し「ADD Session DATA」ボタンを押下して下さい。

すると、ページの下側に入力した文字列(aaaa,bbbb等)が表示されます。



ここで、1点確認しておいて下さい。「Executed From Server:」、

「Executed Server IP Address:」の欄にそれぞれ、アプリケーションを実際に

実行しているアプリケーションサーバ名とIPアドレスがそれぞれ表示されています。



下記の例では、アプリケーションは「appserver01」、「192.168.0.1」で

実行されている事が確認できます。


※ アプリケーションに接続しているブラウザの画面を閉じずそのままの

  画面にしたまま、下記の手順を行ってください。







アプリケーションを実行しているサーバは「appserver01」である事が

上記より確認できましたので、「appserver01」に障害が発生した事を仮定し、

「appserver01」のインスタンスを停止してみましょう。


疑似アプリケーションサーバ停止状態


Application Server 9.1の管理コンソールより、「Clusters」→「app-cluster1」

→「appserver01-instance1」を選択します。すると下記の画面が表示されますので、

「Stop Instance」ボタンを押下して下さい。







「Stop Instance」ボタンを押下すると下記の画面が表示されます。







インスタンスが停止した事を確認し、再度ブラウザに戻ってください。

そして、以前表示された画面のまま、「RELOAD PAGE」ボタンを押下してください。

すると、下記の画面が表示されます。


内容は殆ど同じですが、変更点を確認してみましょう。

先ほどは「Executed From Server:」欄に「appserver01」が記載されていましたが、

画面を再読み込みすると「appserver02」、「192.168.0.2」にかわっている事が確認できます。

さらには、画面下部には先ほど入力した内容(aaaa,bbbb等)が、そのまま

表示されている事が確認できるかと思います。







このように、HADBを使用すると、アプリケーションサーバが稼働するシステムに

何らかの障害が発生し停止した場合でも、セッション情報がHADB内に保持されているため、

引き続き���ービスを提供できる事ができます。


以上で、HADB2ノード構成のシステムを構築しましたが、実際にはHADB2ノードでは

耐障害性は十分ではありません、スペアノードを作成し、より可用性レベルの高いシステムを

構築する事が必要になってまいりますが、その方法についてはまた改めて説明したいと思います。



5.HADBシステムの停止方法


HADBの環境はプライマリーとミラーの両ノード間で通信を行っています。

仮に相手と通信ができなくなった場合、自分のミラーとして使用していた

セグメントレプリカをプライマリに変更し、自分が両方のプライマリを持っていると判断します。



このようにHADBは対となるノードに障害が発生した場合、一時的に片ノードだけでサービスを提供します。

そこでHADBの環境下でシステムを停止する際は、必ず片ノードづつリブートを行うように

して下さい。(片方が完全に立ち上がった事を確認しもう片方をリブートして下さい。)


仮に両ノードが同時に停止すると両方のノードが自分がプライマリとして判断し

データベースが壊れてしまいます。そのような場合、データベースを再構築しなくては

なりません。(その方法は別途紹介します。)

計画停電等でどうしても両ノードを停止する必要がある場合は、下記のコマンドを実行し

HADBのプロセスを明示的に停止して下さい。




appserver1 > /sun/SUNWappserver91/hadb/4/bin/hadbm stop app-cluster1

Please enter the password for the admin system user:***********

2007-09-10 21:54:32.811 INFO hadbm stop –force=false –quiet=false –version=false –yes=false –echo=false app-cluster1

This command will stop the database app-cluster1. Type “yes” or “y” to confirm this operation, anything else to cancel:y

2007-09-10 21:54:36.076 INFO Node app-cluster1:1 is currently running at config version 1, stopping node in order to stop database
Database app-cluster1 successfully stopped.





最後に、補足事項を下記に説明します。是非参考にしてください。



補足1:HADBの各プロセスの意味


下記にHADBを実行する事により起動されるプロセスの一覧とその意味をまとめます。


HADB /opt/SUNWhadb/4/bin/ma
/etc/opt/SUNWhadb/mgt.cfg
HADB Management Agent起動コマンド
HADB java -Djava.class.path=
/opt/SUNWhadb/4.4.1-7/lib/hadbm…
HADB Management Agent
HADB clu_nsup_srv
# Node supervisor (NSUP)
HADB Node Supervisor
各HADB node毎に起動します。Node Supervisorは5つの子プロセスを監視し、ハートビートがなくなったときそれらを再起動します。
HADB
(Node supervisorの子プロセス)
clu_sql_srv
# SQL (SQLC)
SQLサーバプロセス
JDBC driver , clusql CLIから接続可能です。HADB instructionにコンパイルし、TRANSに送信します。また、その結果を受信しクライアントに返します。クライアント接続毎に1つのサブサーバを持ちます。
HADB
(Node supervisorの子プロセス)
clu_trans_srv
# Transaction (TRANS)
トランザクションサーバプロセス
分散されたノード上のトランザクションを調整します。主な役割として次のものがあります。

  1. Data storageを管理
  2. SQLサーバからHADBのinstruction setでリクエストの受信
  3. Logレコードをミラーノードに転送
HADB
(Node supervisorの子プロセス)
clu_relalg_srv
# Relational algebra (RELALG)
Relational algebra query サーバプロセス。sort/join等の関係代数クエリーを調整・実行する。
HADB
(Node supervisorの子プロセス)
clu_sqlshm_srv
# SQL shared memory (SQLSHM)
Shared memory segmentを管理するサーバプロセス。
SQL dictionary cacheを管理する。
HADB
(Node supervisorの子プロセス)
clu_noman_srv
# Node manager (NOMAN)
Node manager サーバプロセス。
Management agentがhadbmから発行された管理コマンドを実行するために使用します。また、nodeの最新の状態を把握し、nodeが停止したときと同じ状態で起動します。




補足2:HADBの状態確認



hadbmコマンドを使用するとHADBの状態を確認する事ができます。

HADBは内部的に、下記の6つの状態を判定します。









1. High-Availability Fault Tolerant (HAFT)データベースに耐障害性があり、DRU毎にすくなくとも1つのスペアノードを備えている。
2. Fault Tolerant (FT)全てのミラーノードペアが実行中である。
3. Operational (O)各ミラーノードペアの内少なくとも1つのノードが実行中である。
4. Non Operational (NO)1つ以上のミラーノードペアで、両方のノードが無くなっている。
5. Stopped (S)データベース内に実行中のノードが存在しない。
6. Unknown (U)データベースの状態を判定できない。



下記のコマンドの実行例では、上から2番目の可用性(Fault Tolerant)が確保されています。

より高い可用性を確保する為には、HADBのスペアノードを追加し、HADBノードの障害時に

ノードを切り替えられるようにする必要があります。




appserver1 > /sun/SUNWappserver91/hadb/4/bin/hadbm status app-cluster1

Please enter the password for the admin system user:[***********]

2007-09-10 16:47:37.161 INFO hadbm status –nodes=false –quiet=false –version=false –yes=false –force=false –echo=false app-cluster1

Database Status

app-cluster1 FaultTolerant

appserver1 >




補足3: HADBのデバイス情報の確認方法:



下記のコマンドでHADBのデバイスに関する使用状況や空きサイズ等の情報を取得可能です。



appserver1 > /sun/SUNWappserver91/hadb/4/bin/hadbm deviceinfo –details app-cluster1

Please enter the password for the admin system user:***********

2007-09-10 16:51:48.538 INFO hadbm deviceinfo –details=true –quiet=false –version=false –yes=false –force=false –echo=false app-cluster1

NodeNo TotalSize FreeSize Usage NReads NWrites DeviceName

0 1024 841 18% 0 341 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device/app-cluster1.data-0.0

1 1024 841 18% 0 364 /sun/SUNWappserver91/hadb/4.4.3-6/device/app-cluster1.data-0.1

appserver1 >





補足4: HADBのリソースの確認方法:



下記のコマンドでHADBのリソースに関する使用状況や空きサイズ等の情報を取得可能です。



appserver1 > /sun/SUNWappserver91/hadb/4/bin/hadbm resourceinfo app-cluster1
Please enter the password for the admin system user:***********

2007-09-10 16:53:08.408 INFO hadbm resourceinfo –databuf=false –locks=false –logbuf=false –nilogbuf=false –quiet=false –version=false –yes=false –force=false –echo=false app-cluster1

Data buffer pool:

NodeNo Avail Free Access Misses Copy-on-Write

0 198 194 25166 0 0

1 198 194 23988 0 23



Locks:

NodeNo Avail Free Waits

0 50000 50000 na

1 50000 50000 na



Log buffer:

NodeNo Avail Free

0 44 40

1 44 40



Node internal log buffer:

NodeNo Avail Free

0 11 11

1 11 11





補足5: ドメインを停止せずにリブートしMQが起動できなくなった場合の対処方法:


Application Serverのドメインの起動時にMQが起動できずに、

結果としてApplication Serverが正常に起動できなくなる事があります。

そのような場合、MQのlockファイルを手動で削除した後、再度ドメインを起動して下さい。



起動失敗時のサーバのログ




[#|2007-09-07T17:39:33.792+0900|SEVERE|sun-appserver9.1|javax.resourceadapter.mqjmsra.lifecycle|_ThreadID=10;

_ThreadName=main;_RequestID=7ce995f7-ea5b-4e95-ae20-60e91c9888d8;|MQJMSRA_RA4001: start:Aborting:Exception starting EMBEDDED broker=EMBEDDED Broker start failure:code = 1|#]



[#|2007-09-07T17:39:33.814+0900|WARNING|sun-appserver9.1|javax.enterprise.system.stream.err|

_ThreadID=10;_ThreadName=main;_RequestID=7ce995f7-ea5b-4e95-ae20-60e91c9888d8;|
java.lang.RuntimeException: EMBEDDED Broker start failure:code = 1

at com.sun.messaging.jms.ra.EmbeddedBrokerRunner.start(EmbeddedBrokerRunner.java:268)

at com.sun.messaging.jms.ra.ResourceAdapter.start(ResourceAdapter.java:472)



対処方法




appserver1 > pwd

/sun/SUNWappserver91/domains/domain1/imq/instances/imqbroker

appserver1 > ls -lF

合計 10

drwx—— 2 root root 512 9月 3日 11:46 etc/

drwxr-xr-x 3 root root 512 9月 3日 12:32 fs370/

-rw-r–r– 1 root root 27 9月 3日 12:32 lock

drwx—— 2 root root 512 9月 3日 11:46 log/

drwx—— 2 root root 512 9月 3日 11:46 props/

appserver1 > less lock

imqbroker:appserver01:7676

appserver1 > rm lock










広告

Entry filed under: Application Server/GlassFish.

High Availability Session Store(HADB)の概要 HADBノードの再起動と状態確認方法


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2007年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,013,705 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。