GlassFish と Tomcat の違い Part 4

2009年4月20日 at 2:04 AM



GlassFish と Tomcat の比較について何度か説明してきていますが、
(過去記事)

実際のところ、GlassFish は Tomcat より何が便利なのでしょうか?



今日は、Tomcat ユーザがかかえる問題である「管理の手間について」

管理作業を軽減するために、GlassFish の便利な管理機能について紹介します。



さて、皆様、まず Tomcat でシステムを構築したとしましょう。

この時、サービスが構築時に予想した範囲のアクセス数、処理数で

十分な場合は何も問題がありませんが、サービスが成長してきて

1台のマシンでは処理を裁ききれなくなった場合はどのようにして

システムを拡張していますか?

Tomcat を利用している方は、1台づつマシンにインストールして

1台づつ ログインしては設定を行っていると思います。







設定変更がさほどない環境であればこれでも我慢ができるかもしれません。

しかし、アプリケーションの開発において DB のリソースを追加したいことや、

新しいアプリケーションを追加したい場合も多々あるでしょう。

そのような時、Tomcat では毎回1台づつログインして設定を変更しなければ

なりませんでした。

同じ設定を行うのに1台づつログインして設定して再起動してというような

作業は面倒ではありませんか?

また、作業の数が増えれば増える程、XML ファイルの設定ミス等が発生します。

設定ミス等でアプリケーションが正常に起動しないなんてことで困ったことはありませんか?





GlassFish を利用するとこのような手間と設定ミスのリスクを大幅に軽減してくれます。

インストールは各マシンに行っていただく必要がありますが、リソースの追加や設定変更、

アプリケーションサーバの再起動のために、毎回各システムに対してログインをしなくても済みます。

GlassFish では “ドメイン管理サーバ”(DAS)と呼ばれる1つのアプリケーションから

全てのアプリケーションサーバの設定、たとえばリソースの追加や、起動、停止、

配備、配備取り消し等の操作を行うことができるようになるでしょう。







また、クラスタというアプリケーションサーバのインスタンスの共通グループを

作成する事で、同一クラスタ(グループ)に所属する全てのインスタンスに対して

同一の設定を行いたい場合、たった1回の操作で全てのインスタンスに対して

同じ設定を行うこともできるようになります。

これにより、XMLの編集ミスといった初歩的なミスを大幅に軽減することが

できるようになり、サービスの成長に伴い台数がいくら増えても管理の手間は

増えず、管理時間も大幅に軽減されるようになります。



Tomcat ユーザの皆様?

1台づつログインして設定して、設定をコピー&ペーストして面倒ではありませんか?



中規模から大規模なサービスを展開する場合、この GlassFish が持つ管理機能はとても

便利です。Tomcat の管理で面倒だと感じている管理者の皆様、是非一度

GlassFish を触ってみてください。



設定方法に関する参考資料:

GlassFish のクラスタと負荷分散構成

広告

Entry filed under: Application Server/GlassFish. Tags: , .

JavaSE6 と GlassFish で JSP の高速コンパイル Sun と Oracle について


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2009年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,019,573 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。