最近の Microsoft の Java 事情とインタビュー記事の日本語化

2018年2月22日 at 8:30 AM 1件のコメント

はじめに:最近の Microsoft における Java について


この記事の本題に入る前に、マイクロソフトの Java 活動にとって、とても嬉しい情報を共有いたします。私が入社したのは約2年半前になります。その際私以外にグローバルで Java on Azure に関する啓蒙活動をしている方は一人 (Brian Benz) しかいませんでした。そして私の入社から2年半を経て、この直近数ヶ月の間に 3 人もの Java 関連の方々がマイクロソフトに入社してきてくださいました。その内二人は元オラクルで、一人は、TomEE を提供する Tomitribe から入ってきてくださいました。

Bruno Borges (Developer Advocate)
Jonathan Giles (Developer Advocate)
Theresa Nguyen (Sr. Product Marketing Manager)

この中で、Bruno Borges は去年の JavaOne San Francisco で基調講演にも登壇したブラジル人で、オラクル時代から Java のコミュニティとの関係が強く、様々なカンファレンスなどで登壇しています。一時期ブラジルにいる頃 Java EE エバンジェリストをしていたこともあったように記憶しています。そして彼はマイクロソフトで Java の Developer Advocate チームを率いるという話を聞いています。

また、Jonathan は私同様 Sun Microsystems 出身で、彼はエンジニアリングチームに所属し、JavaOne のコンテンツ選定委員 (CFP で応募されたコンテンツを選定する側) を務めたり、JavaOne の優秀なスピーカーにだけ与えられる称号 Java Rock Star の称号も持っています。さらに昨年 Duke’s Choice Award なども受賞している、ガチの Java エンジニアです。

最後に、Java 専門のプロダクトマネージャとして最近入社されたのは、TomEE (Tomcat をベースとした Java EE コンテナ) を提供する Tomitribeで Vice President を務めていた方が入社してきてくださいました。

いずれの方も、グローバルでは Java 開発者コミュニティーから認知度の高い、Java コミュニティに精通する方ばかりです。Jonathan はJava SDK の API 実装においても Java らしい実装のレビューなどに多大な貢献が期待されますし、Bruno にはグローバルの Java コミュニティに対して、幅広くコンタクトしてくれると思いますので、ますます Java on Azure の拡大に期待が持てる、そんなハイアリングとなりました。前述した Brian と共に、この 4 名と一緒に Java on Azure の啓蒙活動を続けていく事をとても楽しみにしています。

下記のエントリの内容は、先日上記の Jonathan Giles からインタビューを受けましたので、インタビュー内容 (オリジナルの英語) を日本語化した内容を記載します。

Jonathan Giles からのインタビューの日本語訳


今日から Azure で Java を利用、または開発している方々とのインタビューシリーズを開始しています。 すでに他にも何名ものインタビューを企画しているため、これをシリーズ化したいと考えています。私からインタビューを受けたい方は、私にご連絡ください。

最初のインタビューは、Java チャンピオンであり、JUG リーダーでもある寺田 佳央さんです。彼は日本マイクロソフトで働く Java エバンジェリストで、私と彼は Sun Microsystems と Oracle で共に働いていたので、以前から彼の事を知っていました。 寺田さんは Java に長くそして深く関わっていますので、彼とのインタビューを喜んでいます。どうぞ読者の皆様もお楽しみください。

こんにちは寺田さん – みなさんに自己紹介をしていただけないでしょうか?


このような素晴らしい機会を与えていただきありがとうございます。 私は 2015年7月から日本 マイクロソフト でJava Evangelist として働いています。また Japan Java Users Group の幹事メンバーの一人でもあります。

マイクロソフトに入社する前は、日本 Sun Microsystems で GlassFish エバンジェリストとして働いていました。 Oracle による Sun の買収後、日本 Oracle で Java/Java EE のエバンジェリストとして5年間働いていました。 日本 Oracle での私の仕事は、JavaOne Tokyo、Java Day Day Tokyo、Java ユーザーズ・グループのイベントなど、日本の多くの Java 関連のイベントで、企画、運営・管理、登壇などをしていました。そして、マイクロソフト入社後 2016 年 7 月、私は Java チャンピオンになりました。

あなたはしばらくの間マイクロソフトで勤めているんですね。私はちょうど 12 月にマイクロソフトに入社したばかりなので、私よりもとても長いですね。私たちは二人とも比較的にた経歴を持っています。私もSun Microsystems と Oracle で勤めていましたが、私は開発のエンジニアリング・チームに所属していました。
私はあなたにマイクロソフトにおける Java の印象について聞きたいです。そして Java に関して時間がたつにつれてマイクロソフトがどのように変わったのか教えていただけないでしょうか?

マイクロソフト入社前、私の経歴が Unix と Java に携わる事が多かったため、マイクロソフトで働くことを全く想像していませんでした。しかし、現在マイクロソフトはクラウドプラットフォームの企業になっています。そこで .NET や Windows、Office 製品だけでなく、Unix やその他のプログラミング言語も強く推進しています。 すでに Azure のシステムの 30% 以上が Linux 上で稼働しており、これらのシステムでは多くの顧客が Azure 上で Java を使用しています 。 たとえば、 Pivotal Cloud FoundryService FarbricOpenShiftKubernetes などがあります。Java 開発者が Azure でサービスを実行するための選択肢はたくさんあります 。

日本を拠点とするマイクロソフトのJavaエバンジェリストとしての日々どのような事をされているのですか?


最近は、Java のエバンジェリストとして、お客様のために多くの HackFest を開催しています。HackFest ではお客様が実際にビジネスをされている上でかかえる課題について直接改善してまいります。 お客様と NDA を締結した上で、お客様のソースコードにアクセスし、改善のためのアドバイスや直接ソースコードを編集する事もあります。いままでの経験を活かして、Azure におけるシステム運用方法や、アーキテクチャ設計に関するアドバイスなどを行います。

たとえば、最近ハックフェストを実施したとあるお客様では、オンプレミスで運用されている既存の Java Web アプリケーションを Azure 上のコンテナに移行したいと考えていらっしゃいました。当初、お客様は Kubernetes についてよくご存知ではなかったのですが、 HackFest を通じて Azure Container Service (AKS) の構築方法や、操作方法について情報を提供し、結果として、わずか5日間で既存のシステムを AKS に移行することができました。2日間で Lift & Shift し、残りの 3 日間で、ソースコードに手を加え、例えば Serverless の Azure Functions 等も試され、アプリケーションのモダナイズを行いました。HackFest では開発の視点だけでなく、運用的な観点からも助言しています。 その結果、そのお客様はこの HackFest の成果に非常に満足されていました。

この HackFest は、Azure をご利用される世界中の Java 開発者も利用できます。 読者のみなさまの中で Azure 上で Java を利用し、それを有効活用したい、そのために私のような Java エバンジェリストと緊密に会話したい場合は、私に連絡するか、各国に存在するエバンジェリストに HackFest についてお問い合わせください(※ 実際には HackFest を実施するためには利用可能なテクノロジー領域に条件があります)。 また私自身、マイクロソフトのグローバル組織に所属していますので、HackFest への参加のご要望をいただいた場合、国を問わず、北米、ヨーロッパ、ブラジルなど世界中のさまざまな場所に参加できるかもしれません。

Azure は Java(または Kotlin、Scala などの JVM 上の言語)を基盤とする開発者や組織に適していますか?


はい、Azure は Java 開発者にとって適しています。多くのサービスで Java SDK が用意され、開発は頻繁に行われています。 また一部のサービスでは SDK が存在しないものもありますが、Azure では多くのサービスが RESTful インターフェイスを提供しているため、任意のプログラミング言語からこれらのサービスにアクセスできるようになっています。たとえば、Office 365 をご利用されている場合は、REST 呼び出しで Office 365 を操作することも可能です。

おそらく、マイクロソフトであなたはいくつかのクールなデモやチュートリアルを時間をかけて作成してきたと思います。読者が興味をもちそうなプロジェクトや GitHub のレポジトリについてご紹介いただけないでしょうか?

すべてのデモやプロジェクトを公開しているわけではありませんが、私は GitHub リポジトリに多くのデモとサンプルをアップロードしています。

最新のデモには、多くの面白い最新技術を含んでいます(スライドはこちら)。 1回のデモに含めた Azure の技術要素として下記を含んでいます。

Azure の Bot Framework を利用して Slack からメッセージの送受信を行うチャット・ボットを作成しています。このチャット・ボットの処理の実装には、Serverless の「Azure Functions for Java」を利用しています。Slack から k8s の「アカウントサービスのポッド数を増やしてください」という質問を投げかけると、Azure Functions は LUIS を呼び出して、文を解析しどの意図(入力内容を判定)が最も適切かを判断します。その結果、Kubernetes 上で稼働するアカウントサービスのポッド数を増やします。

仮に「顧客サービスのポッド数を減らしてください」と入力すると、Kubernetes の「顧客サービス」は減少します。 このように、私はチャットボットから Azure のKubernetes を操作できるようにしています。

さらに Microsoft Translator のデモも行なっています。上記のチャット・ボットではテキストでの入力を行いましたが、このデモでは音声入力を行います。 たとえば、Microsoft Translator に対して「アカウントサービスのポッド数を増やしてください」または「顧客サービスのポッド数を減らしてください」と言葉で語りかけると、Azure 上の Kubernetes のポッド数が増減します。

上記のすべてを Java で実装し、Java 開発者が利用できる多くの Azure サービスを利用しています。

エバンジェリスト(または私のようなクラウド・デベロッパー・アドボケイト)は、開発者や利用者などとの対外的な会話と、社内開発チームとの会話のバランスをとることが重要です。 私はすべてのデベロッパー・アドボケイトがこの範囲で異なる優先順位を持っていると思います。私自身は、ドキュメント、APIの改善など、開発者の経験を向上させることに重点を置いています。あなたは、この範囲においてどこに優先順位を置いて仕事をなさっていますか?

私は開発者やお客様と直接会話をするのが好きです。もちろん、私は API を変更したりドキュメントを改善する必要がある場所を見つけることが多いので、必要に応じてやっています。ただ、まだ多くのお客様が CI/CD、マイクロサービス、Cognitive ServicesAzure FunctionsMicrosoft TranslatorIoTPowerBI などの利点についてご存知ないので、これらの技術を Java 開発者の皆様やお客様にその利点や利用方法や実装方法について紹介していきたいです。

昨今 Azure は非常に多くのサービスを提供し、その多くは本当に素晴らしいサービスです。 あなたが今より詳細に調査していることは特にありますか、全体的にあなたの好きなサービスは何ですか?

これはとても難しい質問です。なぜなら、マイクロソフトの技術と世界的な技術トレンドは以前と比べとても速く変化しているためです。 ちょうど今私が上で紹介したデモンストレーションは、現時点で私が好きな、そしてお勧めの技術から構成しています しかし、上記に取り上げた Kubernetes だけでなく、Pivotal Cloud FoundryOpenshift も非常に面白いです。

特に、お客様が巨大なデータセンターを所有されている場合は、 Azure Stack の利用をご検討いただくことをお勧めします。Pivotal Cloud Foundry も Azure Stack 上で動作します。運用における管理コストを削減したい場合、Azure Stack は選択肢の 1 つになります。

マイクロソフトは歴史的に Java の非サポートで知られていますが、最近はマイクロソフトが真にオープンソースに舵をきり大きな進歩を遂げたと思います。Java エンジニアと会話をしてAzure を紹介するとき、参加者の皆様の印象は如何でしょうか?

約2年半前、私は日本マイクロソフトに加わりました。当時すでに一部の開発者やエンジニアの中で、マイクロソフトの変化に気づいている方がいらっしゃいました。 しかしこの2年間で、私はマイクロソフトの印象がさらに変化していると感じています。私はお客様やコミュニティのメンバーとコミュニケーションをとるとき、ほとんどの人から肯定的なフィードバックをいただいています。

特に、AI 技術の観点でマイクロソフトについて多くの肯定的なフィードバックをいただいています。 build 2016 のカンファレンスで AI プロトタイプを発表したSatya Nadella の発表を見たとき、私は本当に感銘を受け、私の周りのすべてのJava開発者にビデオを共有しました。このビデオは、我々が将来を想像すると、エンジニアが世界を変える方法を示しました。本当に素晴らしい内容でした!Cognitive Services のすべてを Java アプリケーションから利用できることも重要です。

初めて他のエンジニアに Cognitive Services のデモンストレーションを行った際、多くの開発者が私もこれを試したいと言いました。 私はこの技術が世界を変えることができると思っていましたが、この技術が会社の将来をも変えることができると私は考えました。

インタビューのお時間をとっていただきありがとうございました。最後に、他にコミュニティの皆様にメッセージがあれば頂けないでしょうか?

私は過去2年間、マイクロソフトで働いており、多くのツール、テクノロジ、サービスが Java 開発者にとって利用できることを理解してきました。たとえばプログラマの皆様にとっては、Visual Studio Team Services(VSTS)はソースコード管理や運用を行うために、ぜひご利用いただきたいサービスです。CI/CD におけるビルドとデプロイのパイプラインを使用することができます。もちろん開発チームに応じて Jenkins のような他の CI/CDツール をご利用されたい場合もあるでしょう、この場合にも、VSTSからそれらのツールにアクセスできるようになっています。

またコンテナ技術をご利用されたい場合は、Web App for Container, Azure Container Service(AKS)Azure Container Instance(ACI)Pivotal Cloud FoundryOpenShift などのご利用のニーズに応じてコンテナ環境を構築できます。さらに、IoT、BigData、NoSQLなどをご利用したい場合は、マイクロソフトは、それらのサービスを提供しています。

私は、エンジニアが想像することができれば、エンジニアが世界を変えることができると信じています!そして私は、そのような素晴らしい Java の開発者の皆様とともに時間を過ごしたいと思います。 私は Java が大好きです!

広告

Entry filed under: Java. Tags: , , .

Azure Functions for Java Preview Release JAPAN CONTAINERDAYS v18.12 での発表について

1件のコメント


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2018年2月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

カテゴリー

Twitter

  • RT @jyukutyo: @yoshioterada てらださんには感謝しかありません!てらださんのそんなところを、カッコいいなと思っていました。ただ、いつまでもてらださんに甘えていてはいけないな、とも思い始めました。自分から話していくのはもちろん、僕が誰かのきっかけにもなり… 5 hours ago
  • @jyukutyo そう言って頂きまして誠にありがとうございます😊 そして、そのお心がけをとても嬉しく思います。 これから阪田さんを中心に良い輪が広がっていくと良いですね!!😄 これからもどうぞよろしくお願いします。 6 hours ago
  • RT @jyukutyo: 僕が本当に@yoshioterada さんに感謝しているのは、てらださんは昔から、日本でも海外でも、イベントで僕が横にいれば、自分が話している相手の方に、必ず僕のことを紹介してくれたことです。だから、僕もそれを、これからの方にやっていく! 6 hours ago
  • RT @KashiwaOwner: 観衆数百人の目線が自分に集まるなか、何度かシュートを外して恥ずかしさのあまり立ち去ろうとする女の子。 そんなときにNBAのスター、ステフィン・カリーが「入らないのは全然問題じゃない。大事なのは入るまで打ち続けること」と説く姿がイケメン過ぎる… 6 hours ago
  • RT @brendandburns: Secure serverless containers via @Azure Container Instances, AKS virtual nodes and @twistlockteam https://t.co/NoMi5qm… 6 hours ago

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,099,419 hits

RSSフィード


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。