Posts tagged ‘Comet’

Ajax Push(Comet)についてのセッション







Ajax Push(Comet)について、12月に開催されるSun Tech Days 2008 Tokyoでも

海外のエンジニアによって発表されるようです。



2-J-4 Developing Web Applications using Comet and Ajax





脚光を浴びるAjax Push, CometそしてHTTP ストリーミングはWebアプリケーションの

操作性を革新的に変え、参加の時代にWebを突入させました。

Ajaxをベースとするアプリケーションは Webアプリケーション設計のデファクト

スタンダードになっております。

Webアプリケーションはクライアントとサーバ両方のイベントによりリアルタイムあるいは

動的に動作が変化することがより一層重要になっています。

CometはWebクライアントとサーバが非同期にコミュニケーションを行う技術で、

リアルタイム操作や従来のWebアプリケーション、デスクトップアプリケーションなどでは

出来なかった機能が実現可能になります。



本セッションでは、非同期Webの簡単な紹介にて、プロトコルや実現しようと

考えていることについて解説します。

さらにCometとAjaxを用いて分散した二人用ゲームアプリケーションを順を追いながら解説します。

セッションの参加者はDojo, jMaki, Prototype を用いて開発していたり、アプリケーションを

Jetty, Tomcat, GlassFishに展開していても、複数のユーザがコラボレーションしたり

互いに通知したりする機能を付加するのに必要な方法を本セッションで得ることができるでしょう。



Sun Microsystems,Inc.

Michael Li


2008年11月3日 at 10:40 PM

GlassFish & MySQL でCometアプリケーション



先日10/30(木)、31(金)に開催されたMySQLユーザカンファレンスで

使用したプレゼンテーションはMySQLのサイトからも入手できるように

なるかと思いますが、下記からも入手できるようにしました。




S-D2: GlassFish と MySQLで広がる新しい世界



2008年11月3日 at 6:59 PM

GlassFishでCometアプリケーション



先日、MySQLカンファレンスにてGlassFishでCometのアプリケーションを

動作させましたが、サンプルのアプリケーションをアップします。

MySQLカンファレンスではGlassFishとMySQLとの連携をデモを行いましたが、

いきなりDB連携は難しいのでかんたんにCometを動かす方法について紹介します。

是非、ここで紹介するプログラムを改造したり参考にして色々と楽しいアプリケーションを

作成してください。



ここで紹介するアプリケーションはボタンを押下すると、サーバに接続する

全てのクライアントに対して同一の数値をサーバからPushし表示させる

Cometアプリケーションです。










1. まずはNetBeans6.1のGlassFIshバンドルをご入手ください。





2. NetBeans, GlassFishをインストールした後、GlassFish上でCometのアプリケーションを動作させる

  設定を行ってください。

  GlassFishの管理画面へはデフォルトで、http://[インストールマシンのIPアドレス]:4848/でアクセスします。

  ログインユーザ名、パスワードはそれぞれ下記を入力しログインできます。

  ユーザ名:admin

  パスワード:adminadmin



  ログインした後、管理画面中より「設定」→「HTTPサービス」→「HTTPリスナー」より

  「http-listener-1」を選択し下記のように「追加プロパティ(1)」中に記載される、全ての項目を削除し、

  「cometSupport」「true」を入力し保存してください。

  これにより、GlassFishでCometのアプリケーションを動作させる事ができるようになります。








3. 次にNetBeansのCometサンプルアプリケーションのプロジェクトを入手してください。

ファイルを展開すると下記のファイルが含まれています。




> jar tvf sample-comet.jar

0 Sat Nov 01 13:40:48 JST 2008 META-INF/

60 Sat Nov 01 13:40:48 JST 2008 META-INF/MANIFEST.MF

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/

0 Sat Nov 01 13:21:04 JST 2008 sample-comet/build/web/

189 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/button.html

446 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/count.html

438 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/index.html

513 Sat Nov 01 13:21:04 JST 2008 sample-comet/build/web/J2EE.dpf

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/META-INF/

23 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/META-INF/MANIFEST.MF

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/classes/

205 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/classes/HiddenCometServlet$1.class

3473 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/classes/HiddenCometServlet$CounterHandler.class

3476 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/classes/HiddenCometServlet.class

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/lib/

596144 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/lib/grizzly-1.0.21.jar

513 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/sun-web.xml

710 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/build/web/WEB-INF/web.xml

3081 Sat Nov 01 13:17:06 JST 2008 sample-comet/build.xml

0 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/dist/

607377 Sat Nov 01 13:21:02 JST 2008 sample-comet/dist/sample-comet.war

0 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/nbproject/

3538 Sat Nov 01 13:04:08 JST 2008 sample-comet/nbproject/ant-deploy.xml

43350 Sat Nov 01 13:17:06 JST 2008 sample-comet/nbproject/build-impl.xml

447 Sat Nov 01 13:17:06 JST 2008 sample-comet/nbproject/genfiles.properties

0 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/nbproject/private/

2409 Sat Nov 01 13:04:08 JST 2008 sample-comet/nbproject/private/private.properties

2354 Sat Nov 01 13:17:04 JST 2008 sample-comet/nbproject/project.properties

932 Sat Nov 01 13:17:04 JST 2008 sample-comet/nbproject/project.xml

0 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/src/

0 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/src/conf/

23 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/src/conf/MANIFEST.MF

0 Sat Nov 01 13:10:40 JST 2008 sample-comet/src/java/

3458 Sat Nov 01 13:22:10 JST 2008 sample-comet/src/java/HiddenCometServlet.java

0 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/test/

0 Sat Nov 01 13:07:00 JST 2008 sample-comet/web/

189 Sat Nov 01 13:06:38 JST 2008 sample-comet/web/button.html

446 Sat Nov 01 13:07:04 JST 2008 sample-comet/web/count.html

438 Sat Nov 01 13:05:54 JST 2008 sample-comet/web/index.html

0 Sat Nov 01 13:04:06 JST 2008 sample-comet/web/WEB-INF/

513 Sat Nov 01 13:04:08 JST 2008 sample-comet/web/WEB-INF/sun-web.xml

710 Sat Nov 01 13:11:50 JST 2008 sample-comet/web/WEB-INF/web.xml





  上記には、サンプルアプリケーションのソースコードと実行ファイルである

  「sample-comet.war」、またCometの開発に必要なGrizzlyのAPI(grizzly-1.0.21.jar)

  が含まれています。



※ 最新のgrizzly-1.0.x.jarは下記より入手可能です。

  https://maven-repository.dev.java.net/nonav/repository/grizzly/jars/



4. 入手したNetBeansのプロジェクトファイルをご自身の環境にインポートします。



NetBeansのメニューより、「プロジェクトを開く」を選択し上記で入手、展開した

ディレクトリを指定してください。









5. プロジェクトを開くと恐らくGlassFishのインストールパスやJDKのインストールパスが

  異なるため、いくつか設定を修正して頂く必要があるかと思いますが、それらの参照先を

  変更して頂ければNetBeans上でCometのアプリケーションを開発できるようになると

  思います。


2008年10月31日 at 10:45 PM 2件のコメント

GlassFishとMySQLでComet!!



久々の更新となりますが、
MySQL ユーザコンファレンス 2008のご案内

でも紹介しましたが、来週の週末にMySQLのイベントが開催されます。



私もそこで1コマ担当させていただくわけですが、デモ用のアプリが突貫工事ですが、

完成しました。今回はMySQLとGlassFish上でCometを使用してDBに変更されたら

直ちに訪問者に通知するアプリケーションを紹介します。






手作り感たっぷりのあいかわらずデザインセンスの無いデモ画面 (^_^;)



DBの変更検知部分はやっつけで書いたので綺麗ではありませんが、

GlassFish上でCometを使うと、DBに対して負荷をかなり軽減

させる事ができます。

詳しくは来週の木曜日に発表する予定ですので、ここでは詳細は説明しませんが、

もし御興味のある方は是非、下記より事前登録の上御参加ください。



MySQLユーザカンファレンス事前登録



PS.

発表時以外は基本的に展示ブースにいますので、気軽に声を掛けてください。


2008年10月24日 at 11:44 AM 1件のコメント

GrizzlyでCometに関する記事



InfoQ Japanese Versionで日立ソフトの新技術開拓センターの川尻 剛さんが

GrizzlyでCometに関する記事を書いてくださっています。



Cometを実現する為の方法についてとても良くまとめられている

記事ですので、GlassFish/GrizzlyでCometを実現されたい方は、

是非、下記の記事を参考にされては如何でしょうか?

サンプルコードもあります。



InfoQ: AjaxプログラマのためのJavaOne2008 -GrizzlyでComet!-



2008年6月16日 at 10:15 AM

GlassFishのComet対応はさらに進化しそうです



GlassFishコミュニティの中のサブプロジェクトの1つである

Grizzlyより新しいバージョン1.7.3が本日リリースされました。



ダウンロードはこちらから:

https://grizzly.dev.java.net/



今回のバージョンでは下記が追加された機能になります。



+ Improve UDP performance implementation.

+ Write an end to end tutorial, fix p1/p2 from users.

+ First release of 2.0 branch, which contains merge with the peregrine works done internally.

+ suspend/resume support at the TCP/UDP/TCL level (similar to what Comet does)

+ Add support for Servlet 3.0 Comet style API.

+ New module: Grizzly Games (hub/bus) Comet extension.

+ OpenESB Throttling Mechanism for Grizzly 1.0/1.7

+ Final cometd/bayeux release (the spec will be completed at that time).

+ Add Transport Configuration Objects.

+ Add new module: HTTP client (requested by the JDK Team, OpenESB and JavaFX)

+ Investigate what can be ported from peregrine

+ Add support gor a grizzly.xml configuration file



そして、Grizzlyの次のバージョンは1.8.0になるのですが、

そこでは、下記の機能が追加されるようです。

ここで、1つ注目したいのが今までCometの実装は

Grizzlyのプロジェクト中で行われておりましたが、

Cometの実装を新たに、サブプロジェクトとして、

https://atmosphere.dev.java.net/で行うということが

記載されております。

サブプロジェクトになることによって、またGrizzlyの、

GlassFishのComet対応が進化しそうです。

恐らく、喜んでいい話だと思うので今後はatmosphereも注目ですね



+ NIO.2 support (dependent on when JDK team will push the final bytes)

+ Comet implementation moved to Atmosphere.dev.java.net

+ New Error Handling mechanism

+ Improved logging framework

+ High level API for String protocol, hidding completely the needs to understand ByteBuffer.

+ Add a new TCP Proxy/load balancer module (long time requested, never completed :-))

+ i18 error messages







御注意:

GlassFish上でGrizzlyが動作しているわけですが、

GlassFish v2ur1では、Grizzly 1.0.x系が動作しております。(最新はGrizzly 1.0.20)

そこで、今回リリースされたGrizzlyはGlassFishとは別に単体で御利用いただくことが

できるモジュールとなっています。

最新のGrizzlyに触れてみたい方は是非、上記からダウンロードを !!


2008年4月9日 at 7:58 AM

新しい投稿


Java Champion & Evangelist

Translate

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,172,846 hits

RSSフィード

アーカイブ