JavaOne 2014 現地レポート

2014年10月2日 at 12:05 AM

月曜日から本格的に JavaOne のセッションが始まりました。JavaOne 参加者は約 500 程あるテクニカル・セッションから、事前に興味のあるセッションを選んで受講していくわけですが、全て受講すると 朝 8:30 〜夜 9:45 まで非常にハードなスケジュールになります。特に人気のあるセッションは、満員で入れなくなるセッションもあったりします。例えば Java EE のスペック・リードである Linda Demichel が Java EE 8 に含まれる予定のテクノロジーの概要を紹介したセッションは予想通りの満員セッションでした。


私は Java EE 関連のセッションを受講する事がおおく、基本的には Parc 55 にいるため、ヒルトンホテルで行われている Java SE, JavaFX, Java Embedded にご興味のある方々とは、なかなかお会いできません。

しかし、ヒルトン・ホテル側には、展示会場や、グッズ販売のお店、Duke’s Cafe 等があるので、時間の合間をみて訪れるようにしています。

グッズ・販売コーナでは、Duke 人形や Java ロゴの入った洋服、書籍販売等が行われています。


また、展示会場では実際のエンジニアに詳しく各製品技術に関して聞く事ができる場所なので、色々な製品を見たり、また説明員の方やエンジニアと交流を持って頂くのもよいかと思います。CloudBees のブースで Jenkins の作者で同社 CTO の川口耕介さんとお会いしたので久しぶりにご挨拶をしました。






今年は、日本から NTT さんが HeapStats という Java VM のトラブル解析ツールを展示会場で展示されていましたのでご挨拶もかねて伺いました。

また、JavaOne はセッション受講ももちろん重要ですが、Java のエンジニアやキーマンと直接交流を持ち親交を深める事もとても重要です。
今年、JCP が誕生して 15 周年の記念の年ですが、JavaOne 開催期間中に JCP 15 周年パーティが開催されていました。JavaOne 開催直前に JCP に正式参加された楽天の方と共に JCP パーティにも参加してきました。JCP の Party では最も優れた JSR や、最も優れたスペック・リード達が表彰されたり、Adopt a JSR の参加で素晴らしかった JUG 等も表彰されていました。





左側から一緒に参加した
Arshal Ameenさん(楽天)
Patrick Curranさん(JCP PMO の議長)
Donald Smithさん(Java SE Product Manager)
岩崎 浩文さん(楽天)

パーティだけではなくもちろん展示会場にもスペック・リードやエンジニア、キーマンは常にいますので、展示会場に足を運びそうした方々と直接話しをするのもとても楽しいと思います。こうした交流がまさに JavaOne の醍醐味です。参加者の皆様にはここでしかできない事を是非色々と体験して頂ければ幸いです。

今日は3日目です、夜には Oracle Appreciation Event が開催され、エアロスミスやその他複数のアーティストによるコンサートも行われます。今年も日本からの参加者の皆様とご一緒に参加する予定です。参加者サンフランシスコの夜はとても寒いのでコートを着てお越しください。

広告

Entry filed under: 未分類.

JavaOne 2014 基調講演レポート Java EE 8 の新機能概要のご紹介


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2014年10月
« 9月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,013,705 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。