Archive for 2008年4月9日

GlassFishで新しいMIME-TYPEを追加する方法

軽いTipsの御紹介です。



GlassFish v2 / Sun Java System Application Server 9.1で

新たにMIME-TYPEを追加する方法を紹介します。



ドメイン配下の「default-web.xml」ファイルを編集してください。



# cd /glassfish/domains/domain1/config

# vi default-web.xml

<mime-mapping>

<extension>ppt</extension>

<mime-type>application/powerpoint</mime-type>

</mime-mapping>



設定が完了したらドメインの再起動を行ってください。



次にアプリケーションを再度デプロイしてください。


2008年4月9日 at 7:55 PM

GlassFishのComet対応はさらに進化しそうです



GlassFishコミュニティの中のサブプロジェクトの1つである

Grizzlyより新しいバージョン1.7.3が本日リリースされました。



ダウンロードはこちらから:

https://grizzly.dev.java.net/



今回のバージョンでは下記が追加された機能になります。



+ Improve UDP performance implementation.

+ Write an end to end tutorial, fix p1/p2 from users.

+ First release of 2.0 branch, which contains merge with the peregrine works done internally.

+ suspend/resume support at the TCP/UDP/TCL level (similar to what Comet does)

+ Add support for Servlet 3.0 Comet style API.

+ New module: Grizzly Games (hub/bus) Comet extension.

+ OpenESB Throttling Mechanism for Grizzly 1.0/1.7

+ Final cometd/bayeux release (the spec will be completed at that time).

+ Add Transport Configuration Objects.

+ Add new module: HTTP client (requested by the JDK Team, OpenESB and JavaFX)

+ Investigate what can be ported from peregrine

+ Add support gor a grizzly.xml configuration file



そして、Grizzlyの次のバージョンは1.8.0になるのですが、

そこでは、下記の機能が追加されるようです。

ここで、1つ注目したいのが今までCometの実装は

Grizzlyのプロジェクト中で行われておりましたが、

Cometの実装を新たに、サブプロジェクトとして、

https://atmosphere.dev.java.net/で行うということが

記載されております。

サブプロジェクトになることによって、またGrizzlyの、

GlassFishのComet対応が進化しそうです。

恐らく、喜んでいい話だと思うので今後はatmosphereも注目ですね



+ NIO.2 support (dependent on when JDK team will push the final bytes)

+ Comet implementation moved to Atmosphere.dev.java.net

+ New Error Handling mechanism

+ Improved logging framework

+ High level API for String protocol, hidding completely the needs to understand ByteBuffer.

+ Add a new TCP Proxy/load balancer module (long time requested, never completed :-))

+ i18 error messages







御注意:

GlassFish上でGrizzlyが動作しているわけですが、

GlassFish v2ur1では、Grizzly 1.0.x系が動作しております。(最新はGrizzly 1.0.20)

そこで、今回リリースされたGrizzlyはGlassFishとは別に単体で御利用いただくことが

できるモジュールとなっています。

最新のGrizzlyに触れてみたい方は是非、上記からダウンロードを !!


2008年4月9日 at 7:58 AM


Java Champion & Evangelist

Translate

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2008年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter

  • RT @juliendubois: Happy to share that my "Azure Spring Cloud training" at github.com/microsoft/azur… as reached 100 stars! I'm currently worki… 9 hours ago
  • @glory_of @_shirasu__ 依存関係を含むベースのmvnイメージを作成して、それでビルドするようにしています。 それで毎回のダウンロードは不用になります。 10 hours ago
  • RT @SamGuckenheimer: This is great news for Azure DevOps users. Congratulations to @chrishassa for nurturing SpecFlow and SpecMap over the… 16 hours ago
  • RT @myfear: HotSpot JVM Performance Tuning Guidelines bit.ly/2R1FI9W #Java 20 hours ago
  • @nekop 各 Pod 毎に GB 級のファイルを持たせると、コピーを持たせすぎで、起動(ファイル取得が完了する)時間も長くなるというのもありますして、さらにあの条件では sidecar を使いたくないという要件もございまして。 1 day ago

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,170,171 hits

RSSフィード

アーカイブ