Archive for 2008年4月16日

ねこびーん日本Sunへ出張中



昨日、ホットトピックセミナーがありましたが、その前に

片貝さんと一緒に日本Sunへ出張中の”ねこびーん”とDukeの

コラボ写真を撮ってきました!!


この”ねこびーん”仙台のmonyakata さんの御好意で

作成していただいたようで現在、用賀オフィスに長期出張中とのことです!!

片貝さんからの御紹介は←こちら


ほんとうにかわいぃですね!!











昨日のホットトピックセミナーも大変御好評を頂きました。

以前からJRubyについて話をして欲しいという要望があったのですが、

今回は野澤さんから
JRuby on GlassFishの話をして頂きました。



野澤さんの説明はとても分かり易くGlassFishのgemを使い簡単にアプリケーションを

動作させたり、エンタープライズ環境のRubyの実行環境としてGlassFishが最適だという

話等いろいろして頂きました。



個人的な感想ですが、昨年に比べJRuby on GlassFishの開発携帯も随分改善されており

よりGlassFish上でRubyアプリケーションを動かし易くなっているように思いました。







また、岩片さんによるOpenSSOのセミナーもとても面白くて、

大変御好評を頂いていました。


デモでも紹介していた日立の静脈認証モジュールは岩片さんがご自身で作成して

いるので、開発ポイント等も詳しく教えていただけました。

岩片さんはセミナー終了後も御客様から質問を受け付けていて、シングルサインオンの

技術もかなり注目されているんだと実感しました。







昨日のセミナーの様子は岡崎さんのストリーミング配信から

見て頂くことも可能ですので、是非御興味のある方は見てください。




2008年4月16日 at 9:35 PM 2件のコメント

GlassFishでJava Web Startとアプリケーションクライアントコンテナ



Java Web Startとアプリケーションクライアントコンテナの技術を

使う技術に関する日本語資料がSDCにアップデートされています。




SDC SQUARE

GlassFish アプリケーションサーバーでの Java Web Start テクノロジおよびアプリケーションクライアント:パート 1




私もセミナー等で下記の資料を使って紹介するのですが、上記の資料は

詳しく説明がされています。

簡単に内容を紹介すると、SwingのAPI等を使用して記述された

リッチクライアントアプリケーションに、軽量なクライアント上で動作する

アプリケーションクライアントコンテナを一緒に配布するため、

アプリケーションサーバ上のリソース(EJB,JDBC等)に対してRMI/IIOPで

簡単にアクセスできるようになる技術です。



アプリケーションサーバ上のリソースを使用することによって、

アプリケーションサーバの負荷分散の機能等を使えるようになるため、

今までのクライアントーサーバの2層モデルに比べサーバの増加等が

(高負荷による)しやすくなったりします。

また、Java Web Startでリッチクライアントを配布する為、アプリケーションの

配布コスト(修正時における再配布コスト)が大幅に軽減されます。



Javaでリッチクライアントのアプリケーションを作成されている方は、

是非、この資料を御確認ください。






2008年4月16日 at 12:25 AM


Java Champion & Evangelist

Translate

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2008年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

Twitter

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,181,597 hits

RSSフィード

アーカイブ