GlassFIsh v3.1.2.2でJSF 2.2を試す方法

2012年10月20日 at 2:24 AM

現在、GlassFish の最新バージョンは Java EE 6 に準拠した GlassFish v3.1.2.2 です (2012 年 10 月 20 日時点)。

来年の春頃に Java EE 7 が正式にリリースされますが、Java EE 7 に含まれる JSF 2.2 の新機能をいち早く試したい方は GlassFish v3.1.2.2 の環境に対して、下記の手順に従っていただく事で環境を構築する事ができます。

※ ただし、ここでご紹介する内容はあくまでも Java EE 7 の正式リリース前に、事前検証を目的としてのみご使用ください。本番環境への適用は決してなさらないでください。

1. まず始めに、下記のサイトにアクセスしてください。
https://maven.java.net/

2. サイトにアクセスすると下記の画面が表示されます。
 検索フィールドに下記の文字列を入力して検索を実行してください。
 org.glassfish:javax.faces:2.2.0-SNAPSHOT


3. 検索を実行すると下記の結果が得られます。
 ここで、javax.faces-2.2.0-SNAPSHOT.jarを選択し、下右画面のタブよりArtifact Information を選択します。

4. タブを選択すると下記の画面が表示されます。
 ここで、Download ボタンを押下してください。


5. ボタンを押下すると JSF 2.2 の SNAPSHOT が入手できます。

 ダウンロードファイル:javax.faces-2.2.0-20121018.092111-181.jar

6. ダウンロードが完了すると、GlassFish v3.1.2.2 に含まれる JSF 2.1 を JSF 2.2 に置き換えます。

# pwd (GlassFish のモジュールの配置場所)
$GF_INSTALL/glassfish-3.1.2.2/glassfish/modules ($GF_INSTALL はインストールした場所)
# mv javax.faces.jar .. (JSF 2.1 のバックアップ)
# mv ~/Downloads/javax.faces-2.2.0-20121018.092111-181.jar ./javax.faces.jar (JSF 2.2 に置き換え)

7. GlassFish を再起動してください。
 起動時の server.log ログを確認すると正しく更新されている場合、下記のようにMojarra 2.2.0 (-SNAPSHOT 20121018-0139)という文字列が表示されているかと思います。
情報: Grizzly Framework 1.9.50 started in: 1ms – bound to [0.0.0.0:8181]
情報: Initiating Jersey application, version ‘Jersey: 1.11.1 03/31/2012 06:49 PM’
情報: REST00001: Listening to REST requests at context: /management/domain
情報: The Admin Console is already installed, but not yet loaded.
情報: The Admin Console is starting. Please wait.
情報: JMX005: JMXStartupService had Started JMXConnector on JMXService URL service:jmx:rmi://192.168.11.5:8686/jndi/rmi://192.168.11.5:8686/jmxrmi
情報: ?????? ” ? Mojarra 2.2.0 (-SNAPSHOT 20121018-0139) ???????

8. 実際に JSF 2.2 のコードが動くか確認してみましょう。
Maven プロジェクトの場合、pom.xml に下記の2項目を追加してください。

    <repositories>
        <repository>   
            <id>jvnet-nexus-snapshots</id>   
            <name>jvnet-nexus-snapshots</name>   
            <url>https://maven.java.net/content/repositories/snapshots/</url> 
        </repository>
    </repositories>
    <dependencies>
  ............
        <dependency>   
            <groupId>org.glassfish</groupId>   
            <artifactId>javax.faces</artifactId>   
            <version>2.2.0-SNAPSHOT</version>   
            <scope>provided</scope> 
        </dependency> 
    </dependencies>

9. CDI を利用する場合、WEB-INF 配下に bean.xml ファイルを作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://java.sun.com/xml/ns/javaee/beans_1_0.xsd">
</beans>

10. JSF 2.2 対応のページを作成 (ファイルアップロード用のタグ:<h:inputFile>)

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8' ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
      xmlns:h="http://java.sun.com/jsf/html">
    <h:head>
        <title>Facelet Title</title>
    </h:head>
    <h:body>
        <h:form prependId="false" enctype="multipart/form-data">
            <h:inputFile id="fileUpload" value="#{test.upfile}"/>
            <h:commandButton value="upload" action="#{test.doUpload}"/>
        </h:form>
    </h:body>
</html>

11. CDI のバッキング Bean の作成

import java.io.IOException;
import javax.inject.Named;
import javax.enterprise.context.RequestScoped;
import javax.servlet.http.Part;

@Named(value = "test")
@RequestScoped
public class TestManagedBean {

    private Part upfile;

    public Part getUpfile() {
        return upfile;
    }

    public void setUpfile(Part upfile) {
        this.upfile = upfile;
    }

    public TestManagedBean() {
    }

    public String doUpload() {
        try {
            String fileName = getFilename(upfile);
            upfile.write(fileName);
        } catch (IOException ex) {
            ex.printStackTrace();
        }
        return "";
    }

    private String getFilename(Part part) {
        for (String cd : part.getHeader("Content-Disposition").split(";")) {
            if (cd.trim().startsWith("filename")) {
                return cd.substring(cd.indexOf('=') + 1).trim().replace("\"", "");
            }
        }
        return null;
    }
}

アプリケーションを実行すると、指定したファイルがサーバ側で保存されている事を確認できます。

これで、JSF 2.2 の検証環境ができましたので、JSF 2.2 の新機能を試したい方は上記の方法に従って検証してみてください。まだ開発が進行中の物ですので、機能不足や信頼性に掛けますが、実際にコードを書きながら試す事ができるようになるため有用かと思います。

広告

Entry filed under: 未分類.

Welcome to JavaOne 2012 by Japanese JavaOne 報告会 & JJUG CCC


Java Champion & Evangelist

ご注意

このエントリは個人の見解であり、所属する会社の公式見解ではありません

カレンダー

2012年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

Twitter

  • RT @mreinhold: New release model in action: JEP 309 will not make JDK 10, so now proposed to target JDK 11: j.mp/2j93lME #jdk1015 hours ago
  • BSフジで、今TOSHIが昔のXのナンバーをXじゃない若い世代のバンドメンバーの演奏と共に歌っている。まじで懐かしい曲ばかり 2 days ago
  • 今日は所用がございまして、お先に失礼失礼大変申し訳ございませんでした。また、仙台に伺いますので、ぜひ今後ともどうぞよろしくお願いします。 twitter.com/ghustik/status… 4 days ago
  • RT @tokuhirom: Microsoft and GitHub team up to take Git virtual file system to macOS, Linux | Ars Technica #SmartNews https://t.co/D0PuHeE… 4 days ago
  • @nagise 誠に申し訳ございません!!2/3 (土)は、既に予定が入っておりました!!(T_T) 4 days ago

clustermap

ブログ統計情報

  • 1,014,554 hits

Feeds


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。